そばにいるよ! 自閉症(オーティズム)と車椅子の監督|MOVIE WALKER PRESS
MENU

そばにいるよ! 自閉症(オーティズム)と車椅子の監督

2014年10月4日公開,75分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

劇映画「星の国から孫ふたり」が遺作となった槙坪夛鶴子監督を追ったドキュメンタリー。リウマチが進行し車椅子での演出を余儀なくされた姿や、車椅子で全国を回る上映活動、また自閉症を持つ家族への取材も記録した。監督は、本作が初の劇場公開作品となる床波ヒロ子。文部科学省選定作品、あいち国際女性映画祭上映作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

自閉症児を取り上げた劇映画「星の国から孫ふたり」の監督、槙坪夛鶴子さんが死去してまもなく3年が経つ。槙坪監督の遺作となった同作のキャスト・スタッフの撮影記録として始まり、リウマチが進行し車椅子での演出を余儀なくされ、且つ2週間に1度輸血のため病院に通いながら撮影する槙坪監督とスタッフの姿と、彼女の映画に対する思いを追う。さらに、車椅子に乗りながら全国を回る上映活動の様子もカメラに収めた。そして撮影は自閉症を持つ家族への取材へと繋がり、槙坪監督の遺作の記録を超え、自閉症児やその家族と社会の関わり方を改めて考えさせるドキュメンタリー作品となった。

作品データ

製作年
2014年
製作国
日本
配給
株式会社 北青山三丁目
上映時間
75分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?