シン・シティ 復讐の女神|MOVIE WALKER PRESS
MENU

シン・シティ 復讐の女神

2015年1月10日公開,103分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

“罪の街”を舞台に繰り広げられる物語を描いたグラフィック・ノベルを、ロバート・ロドリゲスと原作者のフランク・ミラーのコンビが映画化したクライム・アクションの第2弾。ミッキー・ローク、ブルース・ウィリスらが前作と同じキャラクターに扮し、映画オリジナルの2エピソードを含む4つのエピソードがつづられる。

予告編・関連動画

シン・シティ 復讐の女神

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ストリップバーのダンサー、ナンシーは“罪の街”で男たちの心に一筋の光を照らす女神的な存在。彼女は愛するハーティガン刑事を死に追いやった街の支配者ロアーク上院議員への復讐を誓う。ロアークはさらに街を腐敗させ、アウトサイダーたちは次々とつぶされていくが、ギャンブラーのジョニーらロアークに恨みを抱く者たちの復讐が始まる。

スタッフ

ロバート・ロドリゲス

監督、プロデューサー、撮影、音楽、編集

フランク・ミラー

監督、原作、脚本、エグゼクティブプロデューサー

アーロン・カウフマン

プロデューサー

スティーヴン・ルルー

プロデューサー

セルゲイ・ベスパロフ

プロデューサー

アレクサンドル・ロドニャンスキー

プロデューサー

マーク・C・マニュエル

プロデューサー

ボブ・ワインスタイン

エグゼクティブプロデューサー

ハーヴェイ・ワインスタイン

エグゼクティブプロデューサー

アダム・フィールズ

エグゼクティブプロデューサー

エリザベス・アベラン

エグゼクティブプロデューサー

マーシー・マディソン

エグゼクティブプロデューサー

オレグ・ボイコ

エグゼクティブプロデューサー

ウィリアム・D・ジョンソン

エグゼクティブプロデューサー

サム・エングルバルト

エグゼクティブプロデューサー

キア・ジャム

エグゼクティブプロデューサー

キップ・ネルソン

エグゼクティブプロデューサー

テッド・オニール

エグゼクティブプロデューサー

アリン・スチュワート

エグゼクティブプロデューサー

マリーナ・ベスパロフ

エグゼクティブプロデューサー

ボリス・テテレフ

エグゼクティブプロデューサー

ジェリー・ハウスファター

エグゼクティブプロデューサー

ウェイン・マーク・ゴッドフリー

エグゼクティブプロデューサー

サミュエル・ハディダ

エグゼクティブプロデューサー

ヴィクター・ハディダ

エグゼクティブプロデューサー

スティーヴ・ジョイナー

プロダクション・デザイン

ケイラ・エドルブラット

プロダクション・デザイン

カール・シール

音楽

ニナ・プロクター

衣裳デザイン

メアリ・ヴァーニュー

キャスティング

作品データ

原題
SIN CITY: A DAME TO KILL FOR
映倫区分
R15+
製作年
2014年
製作国
アメリカ
配給
ギャガ(提供 ハピネット=ギャガ)
上映時間
103分

[c]2014 Maddartico Limited. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2015/2/7

    冒頭から3Dを狙ったであろうシーン。しかしこちら2Dで拝見。良いんです、そうであっても充分!

    引き続きアメコミっぽくキャラが皆濃い。ナンシーが主役だが、それぞれの人生を描く。新キャラのジョニーは残念な結果だが、ゴードン=レヴィットの容姿も考慮してキリッと仕上がる。他の野郎どもがいかついんで余計そう思う。
    女性陣はこんなにキャストがいてE.グリーン脱ぎすぎ。アヴァ、女の武器で男をころりと操る…そんなに露出が高いけれど裸体は見せないナンシーの体の方が健康的で美しく見える、あのお腹、カッコ良い。(一般人もなれるんでしょうか、ため息)ただモノクロ中E.グリーンの瞳の色は魅力。J.アルバに軍配だが。
    あっしかし、終盤のアヴァのロアークへの怒りと自分の弱さゆえにとる自傷行為と自分に活を入れるための行動で彼女の顔が大変なことに。そのためラストに向けてのクライマックスはテンションが下がった。特にヒネリのないstoryではあるが、B.ウィリスはしっかりツボを押さえてのcastingはずるい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2015/1/15

    カミさん同伴で観賞。浪花節劇画。ロドリゲス節全開です!
    とりあえず前作未見でも充分いけます。
    超バイオレンススプラッター画ですが、基本モノクロ仕立てで印象的な差し色使いが、逆にスタイリッシュにさえ感じさせてくれる怪作です。グラインドハウス、マチェーテ等とは違う風味の面白さがあります。
    ガガさんが良いアクセント。ブルースさんが前作流れの幽霊役で良い味を出しています。ミッキーさんが愛すべき凶暴野獣オヤジを好演しています。悪女役エヴァさんの惜しみない美裸身のオンパレードやジェシカさんのセクシーボディダンス連発も見所です。
    かなりマニアックな作品ですがハマると堪らない映画です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2015/1/14

    相変わらず、ハードボイルドです。
    暴力的だし。超人的だし。
    でも結構嫌いじゃないんですよね‥
    日本人・・侍?忍者?に何を求めてる‥?って思いますけど、格好良い♪

    俳優さん達も、無駄に格好良い役楽しんじゃっているのじゃないでしょうか‥と思えます。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    2.0
    2015/1/11

    【賛否両論チェック】
    賛:前作の知識がなくても楽しめる。権力に抗うアウトロー達の怒りが、観ていて痛快。それでいて切なさも醸し出している。
    否:前編がほぼ白黒で、描写もわざと抽象的な雰囲気になったりするので、好き嫌いは分かれそうな作風。グロシーンも多数あり。

     全編通して、白黒というかモノクロチックな映像で描かれていて、独特な世界観に引き込まれます。最初に前作のおさらいもしてくれるので、予備知識も基本的には不要です。救いのない支配の中で、なんとか一矢を報いろうともがくアウトロー達の姿が、どこか物悲しさを帯びて映ります。
     グロシーンやラブシーンも、描写は抑え目ですがかなりあるので、抵抗のない方にはオススメです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    2.0
    2015/1/10

     前作がとてもスタイリッシュで好きな作品だっただけに、続編を待ち望んで、その後、忘れかけていた「シン・シティ」の約10年ぶりの続編。前作の勢いやキレは全くなく、今回の4つのエピソードは退屈でつまらなかったです。特に今作オリジナルの2つのエピソード(ジョニーとナンシーの復讐劇)がいらない話でした。また、前作でブレイクしたジェシカ・アルバも全く魅力的ではなく、「続編がひどすぎる」映画がまたひとつ増えてしまいました。

    違反報告