ドラフト・デイ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ドラフト・デイ

2015年1月30日公開,110分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

毎年、全米に生中継され高視聴率を記録する、アメリカン・フットボールのプロリーグ、NFLのドラフト会議。その裏で繰り広げられている、有能な新人選手獲得のための各チームの駆け引きを描くヒューマンドラマ。ケヴィン・コスナーがNFLチームの運営と強化を一手に担うGMに扮し、スリリングなドラマを盛り立てる。監督はアイヴァン・ライトマン。

予告編・関連動画

ドラフト・デイ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アメリカン・フットボールのプロリーグ、NFLに所属するクリーブランド・ブラウンズのGMのサニーは窮地に立たされていた。チームの成績はあがらず、強化のためには12時間後に控えたドラフト会議で超大物ルーキーを獲得しなくてはならなかった。ところが彼は、苦しい事情を知るライバルチームの無謀なトレード話に乗ってしまう。

作品データ

原題
DRAFT DAY
映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
アメリカ
配給
キノフィルムズ
上映時間
110分

[c]2014 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    とし

    3.1
    13日前

    2021年10月2日
    映画 #ドラフト・デイ (2014年アメリカ映画)鑑賞

    アメリカンフットボールのドラフトの日の一日の動きを描いた作品

    ドラフトと言えば、日本のプロ野球しかイメージがないのでいろいろビックリ

    1位指名権を譲渡するとか、10分間の間で決定するとか、まるでショーみたいなんだと思った

    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2016/2/12

    NFLのドラフトの仕組みを
    全然知らなかった。
    こんなに駆け引きがあるなんて大変ですな。
    神経すり減っちゃう1日。
    うまくいけば万々歳ですが
    失敗したら針のむしろ。。。
    ビジネステイクに徹することが
    出来るようで、なかなか出来んでしょう。
    ケビン・コスナーのシブさが
    作品の魅力を超アップしてくれました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2015/2/5

    【賛否両論チェック】
    賛:緊迫感溢れるドラフト会議の模様が、臨場感たっぷりに伝わってくる。主人公のクレバーな逆転劇も見事。
    否:如何せんドラフトのルールが複雑なので、ついていくのがやや難しいかも。スポーツに興味がないと、非常に退屈しそう。

     ドラフトならではのルールを駆使して、主人公が奇策を打ち出す様が、観ていて痛快です。まさに頭脳戦といった感じで、ドキドキ感が続きます。ラストも、
    「その手があったか!!」
    という感じで、一本取られますね(笑)。逆に言うと、それくらいルールが複雑なので、理解出来ないと全然面白くないかと思います。
     良くも悪くも、日本人には少し馴染みの薄い世界ではあるので、その辺りの好き嫌いは大きく分かれそうな作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2015/1/30

    プロリーグNFLのドラフトの手法については、知らなくても開始前に説明が入るので、それを頭に入れておけば大丈夫。

    日本ではプロ野球がドラフトのイメージだし、数年前一般公開し出した時の初年度に参加しているので、あの独特な感じは伝わってくる。
    そうじゃ無くても、毎年何処が誰を指名するか、有名選手がどこへ行くかハラハラするのよね。

    そして、この映画は指名する側の苦悩や駆け引きなんだけど。TOPの我儘や縁故のしがらみや、指導者のこだわりやファンの熱さや。そりゃあもう、大変よね。

    日本のプロ野球のドラフトだと、Gの桑田清原の時やもっと古いと江川と小林繁様の件や。
    駆け引きがあった。

    ファンはハラハラしたり憤慨したり。まぁ、勝手なんだけど。それは球団への愛だし。
    後にならないと成功か失敗かは分からないのに勝手言う物よね。

    でも思うことは、そのドラフトにかかる選手は、まだほんの若造で、大人の口車に乗せられたり、夢見たり、ちょっと調子に乗ってみたり、失望したりしながら、本当に、ハラハラしながらその日を迎えるんだよね。

    サニーはドラフトを体験するのは一度きりなんだから楽しんで。みたいに言うんだけど。
    本人たちはそりゃあ必死で。でも実は指名する側のルーキーもいてベテランに翻弄されたり、ベテランたちも必死で心理戦の駆け引きしてたり。

    兎も角、先が見えなくて、本当にハラハラしながら若者たちを見守る感じ。
    どうすんの!?って思う。
    こうして欲しいけど、それじゃあビジネスにならないし・・って思う。

    でも江川は?小林繁様は?桑田は?清原は?誰が成功で、どの球団が得をしたか。当事者たちにしかわからないかも。

    このドラフトの結果が成功か失敗かは長い長い目で見ないと解らない。見方にもよるし。
    ひとまずは凄く気持ち良く収まった!凄く面白かった~

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告