クロッシング・ウォー 決断の瞬間|MOVIE WALKER PRESS
MENU

クロッシング・ウォー 決断の瞬間

2014年11月29日公開,103分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

アフガニスタン撤退を決める直前のドイツ部隊を描いた戦争ドラマ。極限状態における人間の良心を問う。監督は、デビュー作がアカデミー賞外国語映画賞ドイツ代表に選ばれたフェオ・アラダグ。出演は、「東ベルリンから来た女」のロナルト・ツェアフェルト。2014年ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2013年10月に完全撤退を決行するまで、約11年に渡りアフガニスタンに駐留していたドイツ連邦軍。1955年に発足し、侵略戦争を禁止された連邦軍が、その歴史で初めて戦闘を体験したのがアフガン駐留だった。ドイツ国会は「戦争に介入しているわけではない」と表明したが、54人もの戦死者を出し、さらに2009年にはゲリラだけでなく民間人をも攻撃していた事実が発覚。当初目的としていた「アフガン市民をタリバンから守る」という大義名分は傷つけられてしまった。連邦軍のイェスパー(ロナルト・ツェアフェルト)も、この大義名分で現地の村人からの協力を何度も得ようとする。しかし、積極的攻撃ができないという軍の前提のために、村人の期待をことごとく裏切ってしまい……。

作品データ

原題
ZWISCHEN WELTEN
製作年
2014年
製作国
ドイツ
配給
彩プロ
上映時間
103分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    2.0
    2014/12/5

    【賛否両論チェック】
    賛:駐留軍と自警団との間の人間関係が少しずつ変化していく様が、克明に描かれている。命を賭けて使命を全うしようとするタリクの姿も、胸を打つ。
    否:映画として盛り上がることはない展開なので、興味がないと退屈かも。終わり方も賛否両論必至。

     なかなか知ることが少ないアフガニスタン駐留軍の実態を、赤裸々に描いています。彼らが現地の人間と接触することで起きる微妙な人間関係も、実に見事に映し出されています。ただ、その分ストーリーも淡々と進むので、〝映画”として観るには抵抗があるかもしれません。
     悪戯に希望を見せることのない、社会派の作品です。国際紛争に関心のある方は、必見の映画です。

    違反報告