でーれーガールズ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

でーれーガールズ

2015年2月21日公開,118分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

デビュー作『カフーを待ちわびて』で第1回日本ラブストーリー大賞を、『楽園のカンヴァス』では第25回山本周五郎賞を獲得した原田マハが、自身がかつて過ごした岡山での出来事を下地にした青春小説を映画化。仲たがいしてしまった女子高生2人とその30年後の再会を通し、かけがえのない友情と恋を描く。監督は恋するマドリ」の大九明子。脚本を「東京タワー」の源孝志監督が手がけている。高校生の頃の2人を「神さまの言うとおり」の優希美青と「好きっていいなよ。」の足立梨花が、30年後の2人を元宝塚歌劇団トップスターである白羽ゆりと安蘭けいが演じる。ほか、「最後の命」の矢野聖人、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの須賀健太らが出演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1980年。東京から岡山に転校してきた佐々岡鮎子(優希美青)は標準語をからかわれ、クラスに馴染めずにいた。なんとかクラスの輪に溶け込もうと耳に残った『ものすごい』を指す『でーれー』という岡山弁を何かにつけ使うが、『でーれー佐々岡』というあだ名をつけられてしまう。鮎子はギターのうまい大学生のヒデホくん(矢野聖人)を心の支えに、彼と自分との恋愛漫画を描いていたところ、クラスの中でも目立ち鮎子も憧れていた秋本武美(足立梨花)が読んでしまう。武美は鮎子の漫画を面白いと言い、続きを読みたがった。それ以来二人は親しくなっていくが、クリスマスイブの日にあることをきっかけに仲違いしてしまう。仲直りすることができないまま、それぞれの道を歩んでいく二人。それから30年後、漫画家になった鮎子(白羽ゆり)は母校での講演会のため岡山に戻ってきた。そこで武美(安蘭けい)と再会。二人の思いが浮かび上がっていく……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
日本
配給
名古屋テレビ放送
上映時間
118分

[c]2015 原田マハ/祥伝社/「でーれーガールズ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2015/2/25

    筋立てとしてはありそう。
    泣かせようという意図が見え見えのところはいかがなものか。
    舞台出身の三十年後の二人の姿勢や歩く姿が美しい。

    違反報告