ピクセル|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ピクセル

2015年9月12日公開,105分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

パックマンにドンキーコング、スペースインベーダーなど、ゲームの人気キャラクターに変身した宇宙人が地球に襲来し、人類を恐怖に陥れるSFアクション。触れたものをブロック状にしてしまう恐るべき力を持った敵に元ゲームオタクたちが戦いを挑むユニークな物語を手がけたのは、『ハリー・ポッター』シリーズのクリス・コロンバス。

予告編・関連動画

ピクセル

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

かつてNASAが宇宙へ向けて、地球を知ってもらうために送ったメッセージ。だが、宇宙人はそれを挑戦状と受け止め、地球へ襲来。メッセージに含まれていたゲームのキャラクターに変身した宇宙人と応戦するが、触れたものをピクセル化させる力を持っていて、歯がたたない。だが、かつてのゲームチャンピオンたちが彼らの弱点を見抜く。

スタッフ

作品データ

原題
PIXELS
映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
アメリカ
配給
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
上映時間
105分

[c]2015 CTMG, Inc. All Rights Reserved. **ALL IMAGES ARE PROPERTY OF SONY PICTURES ENTERTAINMENT INC. FOR PROMOTIONAL USE ONLY. SALE, DUPLICATION OR TRANSFER OF THIS MATERIAL IS STRICTLY PROHIBITED. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    4.0
    2020/7/19

    予告編の期待よりも、確実に面白かったと言えます。

    よく練られたシナリオで、2次元のゲームと現実とをうまくゴタ混ぜにしていました。

    ゲームに無縁の私でもそれなりに楽しめましたが、中年以上のゲーマーの人にはこの上なく楽しめる仕掛けが満載だなと感じました。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    4.0
    2015/9/30

    意外に化石ゲーに詳しいカミさん同伴で観賞。
    変な懐かしさが新鮮なSF映画です。
    地球規模の大事件=宇宙人の侵略に立ち向かうのが、今やオッサンとなったかつてのアーケードゲームの覇者達。
    オタク礼賛この上ないと言うも、人生の悲哀や友情や恋愛、中年男女の喜怒哀楽も盛り込まれています。逆にそれが余分でストーリーを鈍らせるというか薄い感じにしてしまったのかもしれません。
    デジタル宇宙軍団対地球ゲーマー軍団のバトルに絞れば、CG&特撮の面白さを堪能できると思います。
    音楽も効果音も話題も懐かしすぎて新鮮です。
    説明なしのストーリーも当時の技やルールも気にせずに見れば楽しめる娯楽SFムービーです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2015/9/28

    お気楽に楽しく観られるオタク映画。
    オタクと言っても80年代のゲームオタク。
    これは懐かしいゲームばっかりで、観ていてニコニコ。
    ギャラガにパックマンにドンキーコング。
    ゲームだけでなく音楽まで懐かしい洋楽バリバリ。
    80年代が青春真っ盛りだったおっさんには
    くだらないアメリカンギャグも含めてドツボでしょ。
    映像もなかなかの凝ったモノになっていて
    80年代では作れない、今じゃなきゃ作れない
    そんな映像が満載でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    4.0
    2015/9/27

    幸か不幸か「アーケードゲーム」を知っている世代だけれど、懐かしいというより、大きなスクリーンでで見るゲームは新鮮。他の世代が見てもきっと楽しめるのではないかと思う。
    ビデオメッセージを誤解してしまうお茶目な?宇宙人。
    エロでもグロでもなく、だれも死ななくて、めでたしめでたし。
    肩の力を抜いて、くすくす笑いながら映画を見るのって幸せだなぁ。
    予告編を見てパス!と決めていたけれど、諸兄のレビューを読んで見に行って本当によかった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2015/9/16

    【賛否両論チェック】
    賛:ゲームの世界観がフルCGで見事に再現され、その圧倒的スケールに驚かされる。80年代のゲーム世代には、懐かしさ満点の描写も多数登場。親子で安心して観られるのもうれしい。
    否:当時のゲームをよく知らなかったり、そもそもゲームに興味がなかったりすると、人によっては結構退屈かも。

     ゲームのキャラクターが侵略してくるということで、パックマンやドンキーコングを始めとする数々の名キャラクター達が、スクリーンを所狭しと暴れまわります。街を縦横無尽に駆け回るその迫力に圧倒されます。当時のゲームを全く知らなくても楽しめそうですが、やはり知っている世代の方々からすると、
    「そうそう!あったあった!」
    と、感動必至の描写が満載かと(笑)。好きだったキャラクターを探してみるのも面白いかもしれませんね。
     内容としては、ゲーム以外に取り柄がなく、不遇な運命を辿っていた主人公や、大統領にはなったものの、鳴かず飛ばずでバッシングの嵐にさらされていた親友が、自分達だからこそ出来る方法で地球の危機に立ち向かっていく姿が、まさに痛快です。また、主人公のウィットに富んだセリフのやり取りの数々も、非常にユーモラスでむしろカッコイイです(笑)。
     グロシーンやラブシーンもほとんどありませんので、親子で安心してご覧いただける、まさにアトラクションムービーです。大人世代は懐かしくて感動出来、子供世代は新鮮で楽しめる、そんな家族サービス向け映画です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2015/9/16

    地球から贈られたメッセージを元にリアルゲームを作りだし言語も理解し戦いを仕掛けてくる高度な文明を持つ宇宙人。
    ルールもそのまんまって何て律儀なんだろう。そして凄い負けず嫌いなんだろうな。

    パックマンと生みの親の感動の対面・・ってやってるけど、その前のゲーマーたちとの対面の方が面白かった。凄く崇めてて。
    まさか本人もこんな形で名前を出されるとは思わなかっただろうね。

    で、ゲーマーたちは流石なんだけど、一番好きな戦いは、「スマーフを撃った事は内緒にして」ってシーンだな。可愛いの。スマーフ。
    あの彼女が実体化出来るならスマーフ実体化してそばに置きたいわ。
    多分、そう言う思いで敵キャラ見てるゲームファン、結構居たんじゃないだろうか。

    敵だけど、危機だけど、次何来る?ってワクワクしながら観られる。

    個人的にはsean beanが英軍服姿で登場したのが嬉しかった。ノーチェックだったから、叫びそうになった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告