愛妻日記 重松清原作「愛妻日記」より|MOVIE WALKER PRESS
MENU

愛妻日記 重松清原作「愛妻日記」より

2006年9月23日公開,68分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

真面目だけが取り柄の平凡な男は、ある出来事をきっかけに妻を陵辱することに高ぶりを覚え始める…。重松清の小説「愛妻日記」を、ピンク四天王のひとり・サトウトシキ監督が映画化した官能ドラマシリーズ第1弾。脚本監修は荒井晴彦。出演は永井正子、戸田昌宏。R-18作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

真面目だけが取り柄の、小心で面白みのない男、小田。妻あやねとの間にはなかなか子供ができず、妻と二人きりの関係を維持できるのかどうか悩んでいた。ある夜、小田が帰宅するとドアノブに青い玩具の手錠がぶら下がっていた。小田はそれを使ってあやねを辱める。最初は戸惑っていたあやねも感じ始め、やがて小田は妻を陵辱することに昂ぶりを覚える。しかし、実は、青い手錠はあやねが仕掛けたものだった。そして彼女には、絶頂を感じた、ある過去があった…。

作品データ

製作年
2006年
製作国
日本
上映時間
68分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?