ホワイトルーム 重松清原作「愛妻日記」より|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ホワイトルーム 重松清原作「愛妻日記」より

2006年9月30日公開,72分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

新婚夫婦の引っ越し先の部屋の秘密とは…。重松清の小説「愛妻日記」を、『いたいふたり』の斎藤久志監督が映画化した官能ドラマシリーズ第4弾。脚本監修は荒井晴彦。出演はともさと衣、川瀬陽太ほか。R-18作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

早智子と吉田は新婚で、新築の真っ白な部屋に越してきたばかりだ。普通なら楽しいはずの新婚生活だが、なぜか早智子は吉田の求めに不潔がって応じない。ある日、後輩・加藤が一本のAVを吉田に見せる。タイトルは『ホワイトルーム 夜の授業参観』。そこには、母親の写真を股に挟まれ、弄ばれる少女が映っていた。そして驚くべきことにその場所は、吉田たちが住む新築の部屋だったのだ。吉田はこっそりビデオを持ち帰るが、中身を早智子に見られてしまい…。

作品データ

製作年
2006年
製作国
日本
上映時間
72分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?