煙が目にしみる 重松清原作「愛妻日記」より|MOVIE WALKER PRESS
MENU

煙が目にしみる 重松清原作「愛妻日記」より

2006年10月7日公開,70分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

子作りのため妻に禁煙を命じられている夫は、煙草の煙に惹かれ、女子高生と援助交際をしてしまい…。重松清の小説「愛妻日記」を、『心中エレジー』の亀井亨監督が映画化した官能ドラマシリーズ第6弾。脚本監修は荒井晴彦。出演は不二子、木下ほうか、田村泰二郎ほか。R-18作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

千穂は子作りのため夫・高橋に禁煙を命じていた。リストラされたことを妻に言えない高橋は、煙草の煙に惹かれ、ショートピースを吸っていた女子高生と援交してしまう。その晩、千穂はショートピースの臭いに気づき激しい嫌悪感を示す。昔、老人に同じ煙草を性器に差し込まれたせいだと言うのだ。しかしその思い出は千穂のものではなく、本当は双子の姉・可穂のものであるのだが…?

作品データ

製作年
2006年
製作国
日本
上映時間
70分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?