ラブ&ピース|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ラブ&ピース

2015年6月27日公開,117分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『ヒミズ』など国内外で高い評価を受ける園子温監督が、長谷川博己を主演に迎え、“愛”をテーマに描く人間ドラマ。うだつの上がらないサラリーマンの人生が、一匹のミドリガメとの出会いを機に変わっていく姿を映す。巨大化した怪獣が東京の街を破壊する特撮怪獣映画の要素も盛り込んでいる。主題歌はRCサクセションのヒット曲「スローバラード」。

予告編・関連動画

ラブ&ピース

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

オリンピックが迫る2015年の東京。うだつの上がらない毎日を送るサラリーマンの良一はある日、デパートの屋上で一匹のミドリガメと出会い、運命のようなものを感じる。その日を機に、一度は諦めたミュージシャンへの道、まともに話せないが恋心を抱く裕子への思いなど、良一は自分の人生を取り戻そうと奮闘する。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
日本
配給
アスミック・エース
上映時間
117分

[c]「ラブ&ピース」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2015/7/10

    【賛否両論チェック】
    賛:健気に主人公を想い続ける亀の姿が切なく、感動を誘う。それとは対照的に、成功して変わってしまう主人公の浅ましさも印象的。
    否:ストーリーは荒唐無稽なので、現実主義の人には不向き。シュールな笑いも、好みが分かれそう。

     その異色でシュールな世界観に、最初こそ面食らいますが、すぐに引き込まれてしまいます。唯一の友を手放し、悲しみに暮れる主人公を、それでも応援し続ける健気な亀の姿に、思わず感動します。そして、そんな亀の願いのお陰とはいざ知らず、夢が叶う度に、次第に性格が変わっていってしまう主人公にもまた、人間の浅ましさを垣間見るような気がします。物に溢れ、大切な物でも動物でも、飽きるとすぐに捨ててしまう現代人への警鐘として意味合いも、多分に含まれています。
     ただ逆に言うと、世界観がシュールなだけに、苦手な人が観るとかなり違和感を覚えてしまうと思います。それくらい、展開や笑いは独特です。
     とはいえ、長谷川博己さんが歌う「ラブ&ピース」は必聴です。是非ご覧になってみて下さい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    2.0
    2015/7/2

    さえない元ロック歌手が、ピカドンのおかげで返り咲いて......でもそのピカドンの扱いが~~~~ぁ。
    でもって売れると偉そうになって...................。
    この映画、何言いたいんだか???

    地下に住む謎の老人の方が、よっぽどファンタジーがあってよかった。
    それにしてもピカドンはガメラ!?

    違反報告