Mommy/マミー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

Mommy/マミー

2015年4月25日公開,138分
PG12
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「わたしはロランス」「トム・アット・ザ・ファーム」のグザヴィエ・ドラン監督が、夫を亡くした母と障害を抱える息子の深い愛情と葛藤を描き出すヒューマンドラマ。出演は「胸騒ぎの恋人」のアンヌ・ドルヴァル、「わたしはロランス」のスザンヌ・クレマン、アントワン=オリヴィエ・ピロン。2014年カンヌ国際映画祭審査員特別賞受賞作。PG12。

予告編・関連動画

Mommy/マミー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

とある世界のカナダでは、2015年の連邦選挙で新政権が成立。2ヶ月後、内閣はS18法案を可決する。公共医療政策の改正が目的である。中でも特に議論を呼んだのはS-14法案だった。発達障害児の親が経済的困窮や身体的、精神的な危機に陥った場合は、法的手続きを経ずに養育を放棄し、施設に入院させる権利を保障した法律である。ダイアン・デュプレの運命は、この法案によって大きく左右されることになる……。喜怒哀楽が激しく、おしゃべりで、いつもケバケバしいファッションに身を包んでいるダイアン・デュプレ(アンヌ・ドルヴァル)は、掃除婦としてギリギリの生計を立てながら15歳になる息子スティーヴ(アントワン=オリヴィエ・ピロン)と暮らすシングルマザー。スティーヴはADHD(多動性障害)を抱え、性格は攻撃的。常に情緒不安定で、他人を罵ったりケンカをふっかけたり、女性とみれば誰かれ構わず親密にタッチしまうクセが抜けないまま大人になりつつある。だが平静なときは、極めて知的でそしていたって素直などこにでもいる純朴な少年であることが、母親を困惑させていた。スティーヴは矯正施設から退所してきたばかりで、ダイアンは自宅でこの問題だらけの息子の面倒をみることになったのだ。そんな二人が楽しくも困難な生活を送る中、スティーヴと意気投合した隣家のカイラ(スザンヌ・クレマン)は彼の家庭教師を買って出る。カイラは引きこもり気味で神経衰弱の気がある休職中の高校教師。精神的なストレスからか吃音に苦しむカイラだったが、純粋なハートを持ったスティーヴと友情を育み、カイラ自身の心も快方に向かうように見えたのだが……。

作品データ

原題
MOMMY
映倫区分
PG12
製作年
2014年
製作国
カナダ
配給
ピクチャーズ・デプト
上映時間
138分

[c]2014 une filiale de Metafilms inc. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    seapoint

    4.0
    2015/5/16

    ダイとスティーヴを見ていると、1本なら折れるけれど、2本なら強度が強くなる。時々ばらけるからカイラがバンドとなって1つにまとめる。
    ADHDの患者をよく知らないが、接し方が難しい。
    暴言も乱暴もあるけれど意に反した行動をとられた途端子供になる。

    母子2人の生活は密着過ぎてひどく狭い世界に感じた。でも施設はさらに狭い世界なので俗世界と繋がるマイホームにいようと必死だ。
    スティーブの心の余裕がスクリーンの幅で測れる。彼と向かうのは大変。親子だから似た者同志。母の断腸の思いの決断は彼の将来を想って?つらいけどそれでも頑張るしかないとカイラに言うダイは母の逞しさを感じずにはいられない。守ってあげられるのは自分だけ。
    ラストは足かせない俗世界、自由を欲する彼の行動。

    殺したいほど憎んでも、死にたいほど愛さずにはいられないという思いがエンディングで流れる音楽と共に切なさMAX。
    「マイマザー」よりさらなる強力な母子の話。X.ドランの映画はM的な受け身でつい観てしまう。してやられた。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2015/5/1

    この監督の緊張感漂う手法結構好きです。ずっとハラハラしている感じ。
    ダイアンの馬鹿親っぽさに最初はげんなりするんだけど、徐々に凄く健気に思えてくる。
    親として、ちゃんと言う事は言う。きちんとすることはする。大変さを表に出さないように必死で軽率そうにふるまっているんだな~

    あぁ、母親だなぁ‥解る解る・・って。
    特に最後のドライブ。捨てられない夢。それは自分の事じゃ無くて、巣立った息子がきちんと家庭を持ち、たまに帰省して来る。そんな平凡な未来。
    母親の夢ってそんなモノよね‥そんな平凡な我が子の幸せが自分の幸せなの。子供が居ないと解らないだろうけど。

    私が息子の事を心配すると、子供の居ない人は、もう大きいんだから、過保護だ!って馬鹿にする。
    その事を子供の居る親にすると、子どもが大きくなれば、心配事はその子の人生を左右する大きな心配ごとになるから親から心配は消えたりしないと理解してくれる。
    大人になったら親は自分を心配していないと思ったら大間違い。子供が居ないと、そこは解らない事なんだね。
    自分の事だけ心配して居れば良いのか・・それは凄く楽で良いな・・と思う。

    子どもが駆けだしたら、大人が皆で止められる。でも、スティーヴが本気で駆けだしたら、スタッフが全力を出しても間に合わないかも知れない。
    そんな息子を持って、ダイアンは休まる事が無かっただろう。
    それでも愛している。それは確かなの。そして幸せを願ってる。
    だからお願い、追いついて・・って思う。

    スティーヴが自分でスクリーンの幅を目いっぱいにこじ開けるシーンちょっと感動した。
    そして、カイラ。何があったかは語られないけど、あの母子と離れて大丈夫かな・・って心配です。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告