グローリー/明日(あす)への行進|MOVIE WALKER PRESS
MENU
グローリー/明日(あす)への行進

グローリー/明日(あす)への行進

2015年6月19日公開,128分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
  • unext
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

アフリカ系アメリカ人による選挙権を求めるデモ行進を白人警官隊が暴力で鎮圧し、多くの人々が血を流す場面がテレビで報道され衝撃を呼んだ“血の日曜日事件”。その事件をきっかけに、人種を超えた3万人を集め、歴史を動かした世紀の大行進の模様と、マーティン・ルーサー・キングJr.牧師の実話を映画化したヒューマンドラマ。

予告編・関連動画

グローリー/明日(あす)への行進

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1960年代のアメリカ。長らく白人から差別を受けてきたアフリカ系アメリカ人たちは、指導者たちとともに公民権運動と呼ばれる選挙権を求めるデモ活動を始める。そして、1965年6月15日、アラバマ州セルマでマーティン・ルーサー・キングJr.牧師とともに600もの人々が非暴力を貫き、デモ行進を行うが、白人知事率いる警官隊による暴力的鎮圧を受ける。

作品データ

原題
SELMA
映倫区分
PG12
製作年
2014年
製作国
イギリス アメリカ
配給
ギャガ
上映時間
128分

[c]2014 Pathe Productions Limited.All rights reserved. [c]キネマ旬報社

  • とし
    とし
    3.8
    8日前

    2022年1月20日
    映画 #グローリー #明日への行進 (2014年)鑑賞

    アメリカの公民権運動の重要な節目となった「セルマの大行進」を題材に #マーティン・ルーサー・キングJr.の闘い

    主要人物全員がイギリスの俳優ってところがアメリカの闇ですね

    違反報告
  • seapoint
    seapoint
    3.0
    2015/6/27

    オスカーで「SELMA」という原題で憶えていたから邦題よりしっくりくる。また「グローリー」って他の映画タイトルにあるので、やはり原題の方が良い。

    ある作家が言っていた。日本人は差別に対して最も鈍感だと。自分たちが差別されていることさえ気づいていないそう。世界レベルで比較してやはりそうでしょう。そんな国民がこれを観るのと本国や移民の多い国が観るのでは見方が違うだろう。

    我々はある歴史の一部。大変だとか可哀そうという表現を使いそうだが、彼らは激しく感情を呈するだろう。黒人白人、先祖から子孫へ。今なおある人種差別。それに立ち向かう柱となるリーダー。そしてそれを支持する群衆がいなくては革命は起きない。リーダーは時として生死をかけねばならない。流血を伴う願い。映画化マルコムX、キング牧師、それにカラーピープルやヘルプ、それでも夜は明ける。
    今後も制作されるに決まっている。

    これまた鈍感な日本人感覚だがstoryは過去の作品に類似する。が、大勢がまっすぐ顔を上げ、ひざまづくシーン、橋を堂々と行進するデモの姿。ラストの音楽。戦うよな、アメリカは。強いよな、アメリカは。

    ラストになってPLAN B。B.ピット、プロデュースに関わっていましたか。それでも夜は明けるの熱は今なお熱い。消えることは人種差別が根廃ということ。

    違反報告
  • 泉
    4.0
    2015/6/10

    39歳ですってよ。キング牧師が亡くなったのが。
    何?あのカリスマ性。それまでに彼の行った偉業。
    非暴力の強い意志。仲間に非難されても、仲間の命優先で引けるその勇気。そしてそれに従う仲間たちからの信頼。

    私は黒人が好きだ。・・と言うと語弊が有るか。
    ダンサーやプロ野球選手や俳優や。好きな黒人が沢山居る。
    その彼らを今、見られるのも、こうやって戦った彼らのお陰だと思う。物凄く感謝している。

    映画を観ていて、あの行進に加わりたかった!と思った人は多かったと思う。私も思った。
    そしてその直後、現実を突きつけられる。
    それでも参加した黒人だけじゃなく白人たちの勇気。物凄く賞賛に値する。
    きっと恥ずかしかったんだろうな。キング牧師にそっち側だと言われて。
    彼は人の心の動かし方を知っている。物凄い策士だ。あれはそう言う戦いだったのか‥と勉強になった。
    大統領の演説も格好良い。やれば出来るんじゃん!!

    そして、エンディングの歌。凄く素敵。オスカーの主題歌賞受賞?当然でしょ?
    泣けるし。若者と力を合わせて戦ったテーマに合うっているし。CDが欲しい。いやむしろ早くDVDが欲しい。あの歌詞を吟味しながら繰り返し観たい。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告