ナイトクローラー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ナイトクローラー

2015年8月22日公開,118分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『ブロークバック・マウンテン』のジェイク・ギレンホールが“ナイトクローラー”と呼ばれる報道スクープ専門の映像パパラッチを演じるサスペンス。視聴率のために倫理を踏み外した映像を求めるテレビ局と、次第に常軌を逸していく主人公の姿が描かれる。『ボーン・レガシー』の脚本家、ダン・ギルロイの初監督作となる。

予告編・関連動画

ナイトクローラー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

学歴もコネもなく仕事に困ったルーは、ある日、テレビ局に悲惨な映像を売って稼ぐ“ナイトクローラー”と呼ばれる報道スクープ専門の映像パパラッチの存在を知る。早速、ビデオカメラを手に入れ、警察無線を傍受し、事件や事故の現場へ駆けつけるルー。彼の過激な映像は高く売れるが、局の要求は次第にエスカレートしていく。

作品データ

原題
NIGHTCRAWLER
映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
アメリカ
配給
ギャガ
上映時間
118分

[c]2013 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2016/9/19

    いかにもアメリカっぽい作品です。
    恐ろしい奴ですな、この主人公。
    限りに無くサイコ野郎っぽくなっちゃって、
    越えちゃいけない一線を越えちゃいました。
    でも主人公だけが悪いんじゃなく、
    視聴率を欲しがるテレビ局。
    より過激なものを欲しがる視聴者。
    需要があるから供給がある。
    需要と供給のバランスが取れちゃってるのが怖い。
    ジェイク・ギレンホールの不気味な演技に身震いしました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2015/8/29

    最近、俳優がproducerを兼ねる作品が多い。それなりに力量がある俳優というのが前提だけど、作品に色々言えるしね。J.ギレンホールは2ヶ月で12kg減量したそうな。ハリウッドスターの努力には頭が下がる。この減量で彼のギョロッとした目がより際立つ。

    自分も素人レベルなのに、アシスタントにはいっぱしのことを言う高慢さ。最初のカメラはホームカメラ的だが警察の無線を聞き、誰よりも速く現場に着き、スクープを叩きだし、業界を荒らす。カメラも一丁前になる(笑)。

    ようやく見つけた天職。これに見切りつけたら何もない。このねちっこさ。見ててイラつく。
    これで生活していくのだから、どんな悲惨な犯罪でも感情はドライ。画が悲惨であるほどお手柄。感情がいびつになるのも自然の成り行きか。
    収穫してくる者もそれを流す者も同じ。
    その映像を見る視聴者だけが、いや被害者の関係者だけが胸を痛める気がする。それだけ犯罪が多発で人の神経が鈍るのか。

    立派な機材でなくともスマフォでとった画だってnewsに流れるこの時代。質よりインパクト。

    ルーは一気に業界を駆け上がったけれど、なんか痛い目に合ってしまえと思ってしまう。
    ムカつくほど我を出さないと食っていけない仕事とはわかるけど。

    久々にR.ルッソを見たなぁ。還暦超えてあのスタイル。さすがモデル出身、美魔女?
    演技はギレンホールにお任せするとして、監督が夫というコネの出演?

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2015/8/24

    【賛否両論チェック】
    賛:スクープを求め、徐々にエスカレートしていく主人公の心情がスリリングに描かれ、緊迫感にハラハラさせられる。事件や事故の取材現場の現実も、身につまされる。
    否:割りと救いのない終わり方には、賛否が分かれそうなところ。グロシーンも結構あり。

     この作品では、何と言ってもジェイク・ギレンホールの怪演が圧巻です。ありふれたアウトローだった男が、“パパラッチ”という生き方に活路を見出すまでや、新米からすぐに頭角を現して成長していくまで、そして次第に善悪や良心の呵責を忘れ、一線を越えていくまで。いずれもその心理描写が見事に体現されていて、主人公の生き樣が観ている方にダイレクトに伝わってきます。その生き方に賛否は勿論あると思いますが、そうした感想を持てるのも、一重に演者さんの演技の賜だと思います。
     指定こそありませんが、グロいシーンはかなり多いので、それだけはお気をつけて。

    違反報告