東京無国籍少女:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
東京無国籍少女
東京無国籍少女

東京無国籍少女

2015年7月25日公開,85分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」の押井守監督が、「TOKYO TRIBE」の清野菜名を主演に迎えたサスペンス。傷ついた女子高の生徒が、その才能を利用しようとする教師や嫉妬を募らせた同級生たちに囲まれた日々を過ごすうちに、やがて日常が崩壊してゆく。ラスト15分は衝撃の展開。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

女子美術高等専門学校で日々、創作活動に励む生徒たち。その中に、かつて“天才”と呼ばれた藍(清野菜名)がいた。事故による怪我の影響で心に傷を抱えた彼女は、今は眠ることも出来ず、授業もドロップアウト。ただ1人、謎のオブジェを作り続けていた。そんな藍を再び広告塔として利用するため、教頭(本田博太郎)は全てを黙認。だが、決して学園の外に出そうとはしなかった。特別扱いされる藍を苦々しく思う担任教師(金子ノブアキ)と、嫉妬を募らせる同級生たち。執拗なイジメと嫌がらせを受けながらも、藍は唯一、自分の身を案じてくれる保健医(りりィ)にも心を開くことはなかった。やがて、心が休まることのない憂鬱な日々は、藍の中で目覚めた“なにか”によって崩れ始める……。群発する地震。響く大量の鳥の羽音。学園内に流れ続けるクラシック音楽。そして繰り返される謎の声“お前はなぜ、ここにいる?”……。

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
2015年
製作国
日本
配給
ティ・ジョイ
上映時間
85分
製作会社
東映ビデオ(制作プロダクション:東映東京撮影所)

[c]2015東映ビデオ [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?