アクトレス〜女たちの舞台〜:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
アクトレス〜女たちの舞台〜
アクトレス〜女たちの舞台〜
3.2

アクトレス〜女たちの舞台〜

2015年10月24日公開、124分
PG12
2
10
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

きらびやかな世界を渡り歩いてきた女優の光と影を、スイスの大自然を捉えた美しい映像や、シャネルの特別協力による衣装、壮大なクラシック音楽とともに描いた人間ドラマ。監督・脚本は「夏時間の庭」「クリーン」のオリヴィエ・アサイヤス。「イングリッシュ・ペイシェント」で第69回アカデミー賞助演女優賞を受賞したのをはじめカンヌ・ヴェネツィア・ベルリンの三大映画祭で女優賞を獲得しているジュリエット・ビノシュが、輝かしいキャリアを持つ大女優の葛藤を演じる。また、彼女を支えるマネージャーを「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワートが演じ、アメリカ人女優として初めて第40回セザール賞助演女優賞を受賞した。

配信で観る

ストーリー

スター街道を歩んできた女優マリア(ジュリエット・ビノシュ)は、マネージャーのヴァレンティーヌ(クリステン・スチュワート)と二人三脚で日々仕事に取り組んでいた。彼女が日の目を見るきっかけとなった作品がリメイクされることになり、彼女のもとに出演話が入ってくる。しかしオファーされたのはかつて演じた若き美女シグリッド役ではなく、シグリットに翻弄される中年の上司ヘレナ役。主演はハリウッド映画で活躍する新進の女優ジョアン(クロエ・グレース・モレッツ)に決まっていた……。

予告編・関連動画

アクトレス〜女たちの舞台〜

予告編

2015/9/3(木)更新

フォトギャラリー

映画レビュー

3.2 (4件のレビュー)

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
SILS MARIA
映倫区分
PG12
製作年
2014年
製作国
フランス スイス ドイツ アメリカ ベルギー
配給
トランスフォーマー
上映時間
124分
製作会社
CG Cinema, Pallas Film, CAB Productions

[c]2014 CG CINEMA - PALLAS FILM - CAB PRODUCTIONS - VORTEX SUTRA - ARTE France Cinema - ZDF/ARTE - ORANGE STUDIO - RTS RADIO TELEVISION SUISSE - SRG SSR [c]キネマ旬報社