合葬|MOVIE WALKER PRESS
MENU

合葬

2015年9月26日公開,87分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

漫画家・杉浦日向子の代表作で、日本漫画家協会賞優秀賞に輝いた歴史コミックを映画化。江戸時代末期の江戸を舞台に、将軍の警護と江戸の治安維持のために結成された彰義隊の3人の隊員たちが運命に翻弄されていく姿を描く。柳楽優弥、瀬戸康史、岡山天音が隊員役を演じるほか、幹部役でオダギリジョーらが出演。

予告編・関連動画

合葬

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

鳥羽・伏見の戦いの後、将軍の警護および江戸市中の治安維持を目的として有氏により結成された彰義隊。極は将軍・徳川慶喜への熱い忠誠感から自ら隊に加わり、柾之助は養子先から追い出され、行くあてもなく入隊。また、悌二郎は隊の存在に異を唱えながらも加わらざるをえなかった。そんな彰義隊員たちの物語が明かされる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
日本
配給
松竹メディア事業部
上映時間
87分

[c]2015 杉浦日向子・MS.HS/「合葬」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    1.0
    2015/9/30

    【賛否両論チェック】
    賛:幕末の動乱期、ただ犬死にするしかなかった若者達の悲壮な姿に、命の尊さについて考えさせられる。
    否:ストーリーは極めて単調なので、興味がないと眠くなりそう。あまりにあっけないラストにも賛否は必至か。

     大政奉還がなされ、時代が確実に移っていく中で、その大義もなおざりにされ、ただただその命を散らすことしか出来なかった青年達の悲劇が、率直に描き出されていきます。変に脚色されることのない、そのありのままの死に様に、命について改めて深く考えさせられます。
     しかしその反面、登場人物達があまりにもあっけなく亡くなってしまうので、映画としてはやや物足りなさも感じてしまいます。終わり方もかなり唐突で、戸惑います。
     時代劇としてハラハラドキドキを期待するよりは、“生きることの意味”や“死ぬことの意義”について考えたい、大人向けの重厚な作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    3.0
    2015/9/29

    原作は読んでません。
    時代劇なんですよね。
    でも何か…現代の若者を見ているようでした。
    姿は時代劇、でも中身は現代。
    うまく言えないけど、今も昔も若者の底は同じなのかもしれない。
    原作の世界観はどうなんだろう…

    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2015/9/29

    いきなりオダジョーを持ってきて、すみません。皆さん柳楽優弥や瀬戸康史を観に来ているんですよね。それは分かるんですが、ちょっと言わせて下さい。
    オダギリジョーは、『S-最後の警官』でも言いましたが、無精髭で、軟派な印象だったのを、最近見直しています。この作品でも、意外に硬派ぶりを発揮し、好印象です。
    さて、柳楽優弥と瀬戸康史は、言わずもかなです。特に柳楽の切れ長の目には、同性でも惹かれますね。今後共期待できます。
    ただ、実は物語の主役は、岡山天音ですね。最後まで戦争反対だったのに、巻き込まれて行く、理不尽さが何とも言えません。ある意味おいしい役どころでした。

    違反報告