フレンチアルプスで起きたこと|MOVIE WALKER PRESS
MENU

フレンチアルプスで起きたこと

2015年7月4日公開,118分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

人間の本能が起こしてしまった行動の残酷な代償を、ブラックユーモアを交えて描く人間ドラマ。前作『プレイ』(11)が世界中で話題となり、東京国際映画祭でも監督賞を受賞したリューベン・オストルンド監督最新作であり、人間観察に長け、特殊な状況下における人間の心理の揺れを丁寧に、そして徹底的に描いていく手腕は冴えを増している。もっとも、『プレイ』では危機下における心理描写が強調されていたのに対し、本作では悲しみや希望といった、より「通常の」感情にも重きが置かれており、映画の普遍性は増している。本作は今年のカンヌ映画祭の「ある視点」部門でプレミア上映され、審査員賞を受賞。第27回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門で「ツーリスト」のタイトルで2014年10月25日に上映。

予告編・関連動画

フレンチアルプスで起きたこと

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

スウェーデンの4人家族がフランスのスキーリゾートで休暇を過ごしている。楽しい休みのはずだったが、2日目の昼に山腹のレストランのテラスでランチを食べていると、目の前の山が雪崩を起こしている。家族は無事だったが、休暇の残りは極めて気まずいものになっていく…。

作品データ

原題
FORCE MAJEURE
映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
スウェーデン  デンマーク フランス ノルウェー
配給
マジックアワー
上映時間
118分

[c]Fredrik Wenzel [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    4.0
    2020/5/5

    シニカルコメディというか、サスペンス的でもありなんならリアルとシニカルが過ぎてホラー味すらある。とてもよく出来てる。細かい心理描写はポランスキー、リアルすぎる後味の悪さはハネケを彷彿とさせた。夫に終始苛ついた。さっさと認めて謝れば良いだけなのにいつまでも言い訳こねくり回して、認識が違うとか意味のわからない哲学的なこと言って話を逸らそうとして、ガキじゃあるまいに泣き喚いて同情をかって許してもらおうとする、男って本当に死ぬほどくだらないプライドにがんじがらめなことがよくわかる。周りを巻き込んでまで夫の間違いを認めさせようとする妻はちょっと違うと思ったし狂気的でもあるけど気持ちはわかる。もう自分だったらぶん殴りそう。ラストでわざと遭難して夫の威厳を取り戻す演出やら、バスの運転荒いから降りるけど歩きながら降りない方が良かったんじゃ、、的な空気の中ぞろぞろ歩く群衆。実に皮肉だなあ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    5.0
    2015/7/29

    どこにでもある家族がスキー旅行にきて、スキーを満喫し昼食をテラスで楽しんでいる。その時、人工的な雪崩が起こるのだが、それが、予想以上に勢いがあり、雪煙がテラスまで来たためテラスは大騒ぎ!
    その時、なぜかお父さんは妻や子供をおいて自分だけ逃げてしまう。そのことがきっかけで夫婦に「亀裂」が生じ、周りを巻き込んで「大騒ぎ」の旅行と変貌していく・・・
    世のお父さんなら共感すること請け合いで、もし、共感できないお父さんがいれば、それは、いつかこの惨事が自分に降り注ぐかもしれません!
    あえて「人間」とつけますが、人間の夫婦って本当に面白いですね。そして、いつもどうでもいい夫婦のもめ事を解決に導いてくれるのは、子供たちだったりします。
    大人という子供が多くなっているこのご時世!この映画のようなことは日常茶飯事にきっとなるでしょうね!

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2015/7/22

    スキーが上手くてリッチで頼もしくて・・をアピールしたくて忙しい仕事を休んで家族で訪れたであろうスキー場で、妻子を置いて思わず逃げ出すというヘタレな所を披露し、信用を無くした。
    まぁ、有るんじゃない?とは思うし、勿論奥さんの気持ちも解る。

    災難に遭って、じっくり考えて行動する時ならきっと頼もしいお父さんなんだよ彼も。

    まぁ、結婚したら大きな子供がもう一人出来るって事だって、奥さんも自覚できたんじゃないかな。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    4.0
    2015/7/11

    一家の主はアクシデントに見舞われた時、動物的行動をとるか、理性的行動をとるか。選択を間違えれば家庭内の彼の価値は急落だ。

    あーあ、やっちゃったよ。
    前者の行動を取ったにせよ、その後の言動が家族との亀裂が深まる。

    正直に謝らないからね。加えて自分の行動をねつ造したからね。
    しかしこのご時世、テクノロジーは恐ろしい。彼の行動をしかと証拠として残しているので、ぐうの音も出ない。もう子供のように泣くしかない。えぇ、立派な大人の男がね。しかも子供に慰められている。

    奥さんからしたら、大参事にならなかったとはいえ、夫の本性を見てしまったので、この先の将来を分かち合えないのではという心に雷雲到来。でしょうねぇ。だから彼女は家族のラストランでbetした。ズルいというか夫にしてもこの汚点が払拭できる唯一のチャンスだろう。

    振り回される子供たちよ。せっかくのバカンスなのに家族間にピリピリな空気。かわいそうに…
    大参事ではなくとも異国の地やヤバい人に関わった時、その人の本性がわかる。男って大変!
    ヴィヴァルディの「四季」、「夏」や雪山の爆発音も歪んでいく家族へのなんという効果音。皮肉にナイス☆

    違反報告