Cu-Bop CUBA-New York music documentary|MOVIE WALKER PRESS
MENU
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • Cu-Bop CUBA-New York music documentary

Cu-Bop CUBA-New York music documentary

2015年7月19日公開,107分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

音楽大国として知られながらも、困難な状況の中で活動を続けるキューバのミュージシャンたちの姿を記録したドキュメンタリー。長年、キューバ音楽を支援してきた日本人によるインディーズレーベル『Kamita Label』が、その信頼を元に、キューバとアメリカに暮らすミュージシャンたちに密着して作り上げた。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

『Kamita Label』はキューバ音楽のCDを制作する日本人によるプロジェクト・チーム。2000年のレーベル設立以来、数多くのCDをプロデュースし、キューバ国内の権威ある音楽賞にノミネートされるまでになった。しかし近年、キューバ音楽を取り巻く状況が大きく変化し、録音に参加した音楽家たちの生活も一様ではなくなった。キューバのNo.1サックス奏者セサル・ロペスは、祖国で活動を続けることを選択。社会主義を堅持し、モノ不足が慢性化したキューバでは不自由な生活が当たり前。ジャズの音源チェックは古道具屋で漁ってきたレコードで行い、自宅倉庫を改装した即席の音楽スタジオにオンボロ楽器を持ち寄って、仲間と熱いセッションを繰り広げる。一方、若き天才ピアニストのアクセル・トスカは、海外ツアーに出た6年前、ニューヨークの音大のスカラシップを獲得して米国へ移住した。キューバとは長年、政治的敵対関係が続くアメリカ合衆国。憧れ続けたジャズの聖地で理想の音楽を追求するが、生活は楽ではなく、地下鉄に乗る金にも事欠き、ハーレムのボロアパートでコッペパンを齧って糊口をしのぐ毎日。こんな生活でも、数年前に経験した宿なしの日々を思えば、いくらかマシなのだが。キューバのセサルとアメリカのアクセル。2人の日常に触れた『Kamita Label』運営チームは、キューバでのレコーディングライブを企画する。アクセルのバンドメンバーは、アメリカ人のルケス・カーティスと、キューバからの亡命者を父に持つ在米キューバ人のアマウリ・アコスタ。キューバ音楽に熱い想いを抱く2人を伴い、アクセルはキューバを訪れることとなった。キューバとアメリカ、両政府の正式な許可を得ないまま、メキシコシティを経由して何とかハバナの空港へと降り立ったアクセル一行。やがて、彼らの熱いライブが、若者から政府の役人まで、キューバの人々の心を動かしてゆく……。

作品データ

原題
CU-BOP CUBA-NEW YORK MUSIC DOCUMENTARY
製作年
2014年
製作国
日本 キューバ
配給
kamita label
上映時間
107分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?