ヒトラー暗殺、13分の誤算|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ヒトラー暗殺、13分の誤算

2015年10月16日公開,114分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

未遂に終わったヒトラーの暗殺計画にまつわる実話を基にしたドラマ。単独でヒトラー暗殺を行おうとした平凡な家具職人と、彼を生かし続け、その真実を封印したドイツ国家の知られざる思惑が明らかになる。『ヒトラー 最期の12日間』などナチスをテーマにした作品を手掛けているオリヴァー・ヒルシュビーゲルがメガホンを握る。

予告編・関連動画

ヒトラー暗殺、13分の誤算

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1939年11月8日、ミュンヘンのビアホールで演説を行っていたヒトラーは予定より早く切り上げた。13分後、ホールに仕掛けられていた時限爆弾が爆発する。ゲシュタポはイギリスの諜報員の仕業とにらむが、逮捕されたのは36歳の家具職人エルザーだった。彼の供述が信じられないヒトラーは決行日までの彼の人生を徹底的に調べるように命じる。

作品データ

原題
ELSER
映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
ドイツ
配給
ギャガ
上映時間
114分

[c]2015 LUCKY BIRD PICTURES GMBH, DELPHI MEDIEN GMBH, PHILIPP FILMPRODUCTION GMBH & CO.KG [c]Bernd Schuller [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    Sibyl

    4.0
    2015/11/23

    ヒトラーに誰もが洗脳され、あるいはおかしいと思っても逆らえずにいた当時のドイツで、たった一人で立ち向かい最後まで自分を曲げなかった青年、ゲオルク・エルサー。
    彼のひた向きでまっすぐな強い意志には本当に心打たれる。

    もしも、この暗殺が成功していたら…。
    そう考えずにはいられない。

    戦争は多くの人の命を奪いすべてを破壊するだけで、何も生み出さない。そう改めて感じた。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    1.0
    2015/11/13

    【賛否両論チェック】
    賛:国の行く末を憂いた主人公が、いかにして大胆な犯行をたった1人で実行するに至ったのか。その経緯に戦争の持つ哀しさや虚しさが垣間見える。人間1人の持つ影響力の凄さも実感させられる。
    否:基本的には暗殺犯の回顧録なので、サスペンス感は皆無。展開もかなり淡々と進むので、興味がないと眠くなること必至。拷問等、残酷なシーンも多数あり。

     ただのありふれた一般人の主人公が、ナチス・ドイツの迫害を目の当たりにして、次第に心を動かされていくまでが赤裸々に描かれ、戦争の虚しさや愚かさが、ミクロな視点で映し出されていきます。
     一方で、真相はもうそのままなので、サスペンスやミステリーを期待して観ると、拍子抜けしてしまうこと必至です。展開も単調気味なので、眠くなるかも知れません。
     どちらかと言うと、戦争について改めて考えてみたい、そんな方にオススメです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2015/10/28

    この方は、後にナチスに立ち向かった英雄と認定されたそうです。
    音楽家であり、家具職人。
    なかなかのプレイボーイ。器用なんですね。そして緻密。

    ヒトラーが暗殺されても、ナチスは次の総統を仕立て上げて歴史は変わらない・・と言われていますが、もしこの暗殺が成功して居たら当初の計画は大きく乱れたのではないでしょうか。
    その間に、諸国は抵抗する対策を立てられたかもしれない。
    日本も冷静に考え直してみるべきで・・
    歴史にたらればは厳禁なのですが、恐らくたくさんの命が救われていただろうと思うと残念です。

    広い視野で先を見据え、行動した事もそうですが、その後の彼の生き様も、中々見事です。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    4.0
    2015/10/17

    過去の回想を織り交ぜながらヒトラー暗殺決行までが描かれる。
    それなりに主人公に理解のあるキャラクターがあったりして(しかもちゃんと粛清される)、ナチ側がナチに凝り固まった人物だけではないとさりげなく主張する。
    テーマは重く暗いし、時を行きつ戻りつする為、あまりわかり易い作品ではないかもしれないが、たまにはこういう映画も悪くない。

    違反報告
  • rikoriko2255

    猟兵

    3.0
    2015/9/16

    当然、まだ視聴してないが、予告編を見る限り、全編ドイツ語である。製作者も出演者もドイツ人のようだし、撮影場所も当然ドイツ国内だろうから、リアル感は相当高いだろう。我々日本人は、ことドイツ軍やヒトラーを扱った映画は、ほとんど米国ハリウッド製で観てきた。そこに無用な脚色・演出の数々、ドイツ人を憎き、おぞましき敵国人として戦った米国人のフィルターがかかった映画ばかり見せられてきた。その点、こうしたドイツ人自身が第二次世界大戦に関わる史実を映画化し制作したものは、観る側として大変貴重である。舞台が戦場じゃないのが少々残念だが、今から楽しみだ。

    違反報告