のぞきめ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

のぞきめ

2016年4月2日公開,99分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

わずかな隙間から視線を投げかけ、目があった人間を恐怖に陥れる怪異“のぞきめ”の恐怖を描いた、三津田信三による小説を映画化したホラー。青年の怪死事件を取材したのを機に、“のぞきめ”の恐怖にさらされるヒロイン役で元AKB48の板野友美が映画初主演する。監督は『トリハダ 劇場版』の三木康一郎。

予告編・関連動画

のぞきめ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

テレビ局のADの彩乃はある青年の謎めいた怪死事件を取材する。彼の死にざまは腹がよじれ、口から泥を吐きだした異様なもので、恋人は“のぞきめ”の仕業だと怯えていた。実は彼らは大学のサークルで山奥に合宿へ行って以来、何かに覗かれている気配を感じていた。それから“のぞきめ”の悲劇が続き、彩乃の身にも降りかかる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
日本
配給
KADOKAWA プレシディオ
上映時間
99分

[c]2016「のぞきめ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2016/4/4

    【賛否両論チェック】
    賛:不気味な謎の数々が次第に解き明かされ、恐怖の元凶の悲しい正体が明かされていく様子が、怖くて切ない。
    否:急に驚かせるシーンは少ないが、それでもホラーが苦手な人には向かないか。演技や展開も結構強引。

     最初は不可解で意味深だった“ねじ曲がった遺体”や“泥”、“少女”や“数珠”といったキーワードが、やがて繋がっていき、“のぞきめ”の悲しい正体が次第に明らかになっていく過程が、怖い中にも切なさが残ります。
     急に驚かせるシーンはそれほどありませんが、それでも日常の至る所に潜み、誰しもが経験しうる“覗かれる恐怖”をかき立てる演出は、怖いものが苦手な人には少々厳しいかも知れません(笑)。
     演技面や展開等、やや強引な印象は拭えませんが、今をときめく若手俳優さんが多数登場されていますし、中高生向けのホラーとしては最適な作品といえそうです。気になった方は是非。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    1.0
    2016/3/30

    やっぱ板村友美が主役じゃ~ね。
    整形顔が気になってしかたなかった。
    キャリーを思わせる場面もあったけど、あんまり怖くなかった。
    今回の試写会は230人ぐらい入る会場なのに、30名ぐらい!?
    あまりにもの少なさにびっくり!!
    ホラーは苦手な人も多いみたいだけど、そのせい???
    それにしても少なすぎ!!
    今までにない少なさでした。

    違反報告