7s /セブンス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

7s /セブンス

2015年11月7日公開,96分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「オー!ファーザー」の藤井道人監督が自身の映画制作経験に基づき描く等身大の大人の青春映画。売れない映画監督サワダは大学の同級生と作った自主映画で映画祭グランプリを獲得。賞金を元にさらに大きな映画を作ろうと意気込むが……。出演は、「映画 みんな!エスパーだよ!」の深水元基、「花宵道中」の淵上泰史、「SLUM-POLIS」のアベラヒデノブ、「デッド寿司」の須賀貴匡。

予告編・関連動画

7s /セブンス

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

売れない映画監督のサワダは、大学の同級生・サナガワと一緒に作った自主映画でインディーズ映画祭のグランプリを獲得する。サワダはその賞金をもとに、さらに大きな映画を作ろうと意気込む。ある日、アルバイトをしている居酒屋で、お客として来ていた小劇団のメンバーたちと意気投合し、サワダの作品に出演してもらうことが決まる。その中には、お笑い芸人として人気絶頂のゴギョウをはじめ、人気モデルのカブや、看板女優のナズナなどがおり、サワダにとってもまたとないチャンスだった。書き上げた脚本のタイトルは「7s」で、7人の天才詐欺集団が世のため、人のために詐欺を行うというスリリングな内容だった。スタッフも集まり、いよいよ映画がクランクインする。序盤の撮影は順調だったが、徐々にその空気に暗雲が立ち込める。俳優の遅刻、スタッフ内の喧嘩、制作部の失踪、キャストの突然の降板と問題が頻発し、ついには撮影したデータが消えてしまった。資金も底をつき、映画「7s」は未完のまま撮影がストップしてしまう。3年後、スタッフ、キャストはバラバラになり、「7s」の話をする人はいなくなっていたのだが……。

作品データ

製作年
2015年
製作国
日本
配給
ビーズインターナショナル
上映時間
96分

[c]7s/セブンス製作委員会 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?