シン・ゴジラ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

シン・ゴジラ

2016年7月29日公開,120分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

日本の怪獣映画史に名を残す“ゴジラ”が、「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明が総監督、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の樋口真嗣が監督を務め、シリーズ初のフルCGで復活。巨大怪獣の出現で未曽有の危機にさらされた人々の物語が描かれる。長谷川博己、竹野内豊、石原さとみをはじめ、総勢328名のキャストが出演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

東京湾アクアトンネルが謎の崩落を起こし、総理大臣や閣僚による緊急会議が開かれる。海中にすむ巨大生物による可能性を指摘する内閣官房副長官・矢口の意見を周囲は一笑に付すが、直後、海上に巨大不明生物が現れる。鎌倉に上陸し、次々と街を破壊していくそれはゴジラと名付けられ、川崎市街でついに自衛隊との戦闘が始まる。

キャスト

長谷川博己

長谷川博己

矢口蘭堂(内閣官房副長官)

竹野内豊

竹野内豊

赤坂秀樹(内閣総理大臣補佐官)

石原さとみ

石原さとみ

カヨコ・アン・パタースン(米国大統領特使)

市川実日子

市川実日子

尾頭ヒロミ(環境省自然環境局野生生物課長補佐)

犬童一心

犬童一心

古代生物学者

柄本明

柄本明

東竜太(内閣官房長官)

大杉漣

大杉漣

大河内清次(内閣総理大臣)

緒方明

緒方明

海洋生物学者

片桐はいり

片桐はいり

官邸職員

神尾佑

神尾佑

風越(新政務担当総理秘書官)

國村隼

國村隼

財前正夫(自衛隊・統合幕僚長)

KREVA

KREVA

陸上自衛隊・第2戦車中隊長

黒田大輔

黒田大輔

根岸(原子力規制庁監視情報課長)

小出恵介

小出恵介

消防隊隊長

高良健吾

高良健吾

志村祐介(内閣官房副長官秘書官)

小林隆

小林隆

山岡(陸上自衛隊・統合部隊指揮官)

斎藤工

斎藤工

池田(陸上自衛隊・第1戦車中隊長)

嶋田久作

嶋田久作

片山(臨時外務大臣)

諏訪太朗

諏訪太朗

田原(東京都副知事)

高橋一生

高橋一生

安田(文科省研究振興局基礎研究振興課長)

塚本晋也

塚本晋也

間(国立城北大学大学院生物圏科学研究所准教授)

津田寛治

津田寛治

森(厚労省医政局研究開発振興課長)

鶴見辰吾

鶴見辰吾

矢島(自衛隊・統合幕僚副長)

手塚とおる

手塚とおる

関口(文部科学大臣)

中村育二

中村育二

金井(内閣府特命担当大臣)

野間口徹

野間口徹

立川(資源エネルギー庁電力・ガス事業部原子力政策課長)

橋本じゅん

橋本じゅん

自衛隊・東部方面総監部幕僚長

浜田晃

浜田晃

河野(総務大臣)

原一男

原一男

生物学者

ピエール瀧

ピエール瀧

西郷(陸上自衛隊・タバ戦闘団長)

平泉成

平泉成

里見祐介(農林水産大臣)

藤木孝

藤木孝

川又(東京都副知事)

古田新太

古田新太

沢口(警察庁長官官房長)

前田敦子

前田敦子

カップルの女

松尾諭

松尾諭

泉修一(保守第一党政調副会長)

松尾スズキ

松尾スズキ

早船(フリージャーナリスト)

三浦貴大

三浦貴大

新人記者

光石研

光石研

小塚(東京都知事)

森廉

森廉

避難民

モロ師岡

モロ師岡

警察庁刑事局長

矢島健一

矢島健一

柳原(国土交通大臣)

余貴美子

余貴美子

花森麗子(防衛大臣)

渡辺哲

渡辺哲

郡山(内閣危機管理監)

石垣佑磨

石垣佑磨

芦田(航空自衛隊・第2飛行隊第1小隊長)

岡本喜八

岡本喜八

牧博士〈写真〉

野村萬斎

野村萬斎

作品データ

映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
120分

[c]2016 TOHO CO., LTD. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    おばあん

    3.4
    16日前

    日本の緊急事態の政府の流れが理解できます。
    別にゴジラでなくても良かった気もしますが。

    違反報告
  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    4.0
    2020/7/19

    最初に出てくるゴジラの姿。
    想像を絶するチープでダサいゴジラには驚かされますが、これは製作者の作戦だったんですね。
    私はマンマとその作戦に嵌まってしまいました。

    このマンガチックな造形があるからこそ、後半に出てくる「成長したゴジラ」に迫力と実在感を感じるわけです。
    それにしても、よく考えたものだと感心です。

    映画のなかで徹底的に破壊し尽くされる日本の国富の喪失たるや、もうそりゃスザマジイ限りです。

    3.11地震とその後の福島原発の爆発を題材にしているのは、イヤでもわかります。
    原発事故に関する国会事故調による大量の調書に目を通しておくと、また趣が盛り上がる映画だと思います。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ドログバ

    4.5
    2019/9/27

    日本らしいゴジラ映画だね

    違反報告
  • rikoriko2255

    ナオウ

    2.0
    2019/6/3

    前評判が高過ぎてハードルが上がってたからなのか、メディアで評価されてるほどの面白さは感じなかった。
    石原さとみはひどい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2018/8/31

    東京にゴジラが現れる。登場人物の背景や感情が絡む人間模様、ゴジラに対抗し得る超常の存在や科学兵器といった部分は大幅省略されたことに加え、暴力や死の直接描写が排されている。大規模災害事象に対して日本国政府を中心にさまざまな国家機関に携わる者たちが限られた条件下で各々の任を全うし、政治的配慮・思惑が錯綜する最中にて問題解決の糸口を模索しながら収束するという、群像劇。キャッチコピーは「現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)」。総じて無駄がなく観やすかった。政治色が強く実際災害が起こった時を想定しながら現実味を持って観れた。人間がやることだから実際はもっと細かいいざこざもありこう上手くはいかないんだろうが現実的に考えてかなり理想的な結果に持っていけていると思う。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    フジ三太郎

    5.0
    2018/2/6

    劇場でも見ましたが、テレ朝版は字幕付で録画。
    あのセリフの量なんで賢明だったかと。
    ゴジラを災害と見なして、日本がいかにゴジラ災害と対処し、国を守ったか、がテーマ。
    時代を反映してリアルな描写として、次の2点を。
    1.他の映画なら、渋谷の屋外大型モニターでニュースを群集が眺める所、その渋谷付近にゴジラが迫るからそうも行かない、テレビを見てるのは、官邸と、某電器屋の店員だけ。他は電車内で乗客がスマホをじっと眺める不気味な光景。
    2.核攻撃を竹野内は容認、長谷川は反対。竹野内のセリフ「だってもう1回、原爆を落とされた方が、諸外国の同情が集まり、復興のための援助も貰えて得じゃないか」。リアリストなら言いそうでちょっと怖い。

    違反報告
  • rikoriko2255

    矢口渡

    4.0
    2016/10/30

    怪獣映画でもなく、パニック映画でもない。日本という国についての、官僚制度の善し悪し、外交力の重要性、アカデミアの潜在力、自衛隊の意義など考える機会になる映画。サイエンスポリティカルムービーとでもいうべきか。
    生活・暮らしといった人間が描かれていないのが残念な気もする。その方が硬質なものと、柔らかなものの対比が見えやすい気もするが、一方で分かりにくくなるのか。この辺ひとつに徹するのが庵野流かな。逃げ方もクールだし。
    希望の持てながらも、何かがあるかもしれない結末。ただ、やればできる日本人への応援歌として受け取っていいと思う。

    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    1.0
    2016/9/3

    大ヒットしています。

    「面白い」との評価も多いようです。

    しかし、私は全く受け入れられませんでした!

    細かいことはいいとして、まず、アニメにはアニメならではのテンポや見せ方があり、実写にも同じくあります。

    今回の私がノレなかった一番の理由は、脚本や見せ方がアニメそのものだっだからです。

    そのことは、あのアニメ界の天才と言われた押井守がなぜか実写を撮るとパッとしなかったことで実証されています。また、今までも、アニメの実写化は殆どがアニメ版を超えられませんでした。
    今回のあの会議なとで繰り返された「早口の専門用語」や石原さとみ演じる米国大統領特使のキャラなどは、アニメなら全く違和感がないのですが、実写になるとアレルギー反応が起こります。結果的に日本を救うことになる各分野の専門家(オタク集団)の各キャラにも同じことが言えます。

    そして何より「官僚の防災マニュアル」ではなく、「ゴジラ」が主役の映画が観たかったです。ゴジラの出番が少な過ぎです!

    シン・ゴジラのシンを「神」と例えている人がいますが、私からすると「辛」ゴジラでした。


    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2016/8/20

    何となく、ゴジラ映画イコール子供映画という思い込みがあった気がするけれど…
    海中に破棄された使用済み核燃料によりゴジラが出現したという部分はもっと強調されてよいと思うのだけれど、あっさり通り過ぎてしまう。
    皮肉を楽しもう。

    違反報告
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    4.0
    2016/8/19

    文句無しに面白いです。見て損はないです。

    現実の日本が、本当に未知の怪獣に襲われたら政府はどうするのか?というのがストーリーの中心になっていて、政府側の対応の描写は、自衛隊の、実弾発砲までの手続きも含めて、よくもまーここまで、という位細かな描写に徹しています。その徹底した細かさが、本作ではいい具合にブラックユーモアになっていて、恐怖を感じるどころか、逆に笑えてしまいます。

    そのため、ゴジラが暴れ回るシーンの時間配分は、少な目になっていますが、非常に丁寧に作り込まれた、CGと実写の合成画面によって迫力満点。時間配分の少なさを、十二分に補っていました。電車の動きについては、ミニチュア感が払しょくできていませんでしたが、それもご愛敬。

    そして、オリジナル同様、人類は一応ゴジラを退治したものの、ゴジラは完全に死んだ訳ではなく、続編を匂わせる終わり方。

    ゴジラが暴れるシーンが少なかっただけに、野村萬斎さんの起用が生かされていたかというと、いささか疑問。

    次は、狂言師本格登用で、ゴジラ対キングギドラ(日本神話に出て来るヤマタノオロチを怪獣化したキャラ)を見せてほしいところですが、政府の混乱ぶりを描くという路線からすると、次はモスラ(少数民族問題)か?

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2016/8/16

    カミさん同伴で観賞。新しい視点のゴジラ!面白い。
    第1形態が笑える。ウルトラマン時代の特撮風。
    最終形態の驚異的な巨大破壊凶獣ぶりは圧巻!「巨神兵東京に現る」を彷彿とさせる破壊力!凄い!
    しかし、見どころというか面白いのは、対する日本政府・行政のテンヤワンヤぶりとヤケッパチぶり。そして「とにかく何とかしちゃう」ところ。怪獣映画であり人間映画です。
    単なるSF怪獣映画では括り切れないエンターテイメントムービーです。
    観なきゃ後悔しますヨ!

    違反報告
  • rikoriko2255

    ホルン

    3.0
    2016/8/12

    昔のゴジラの音楽がところどころで流れますが、昔のままの音源なのでモノーラルで演奏も拙いものです。
    せめて伊福部氏の弟子の和田氏にアレンジしなおしてもらって、まともなオーケストラ(間違っても日本センチュリー響のような三流オーケストラではなく)で再録音してほしかったです。
    私には懐かしいですが、本来は子ども向けの作品なのに昔の作品へのオマージュばかりが目立つため、今の子どもたちは楽しめないのではないでしょうか?
    なお、ゴジラが変化するというのは、面白かったですが、「目」に迫力がないのはいけません。
    配役も主役格の長谷川博己は、顔が薄く存在感がない、石原さとみも華がなく、あの英語、アメリカで上映しても大丈夫かと心配になりました。
    それと逃げているエキストラに緊張感がなくダラダラ避難しているのもいただけない。

    違反報告
  • rikoriko2255

    1013

    4.0
    2016/8/7

    どうしても言ってしまうんですが、、、
    日本映画のエンタメも頑張ってるw
    正直、日本映画を劇場で観るのは16年ぶり。
    この作品が製作発表された時は、ハリウッドにはかなわないけど日本らしい作品を作ります、と、超弱腰発言だったので期待してなかった。
    しかし予告編を見ると、ゴジラを始め、破壊される街、自衛隊の攻撃等、実にリアル。
    これはいいかもと思ってIMAXで鑑賞。
    あの巨大感を実にリアルに描写しているカットなど、IMAXの力もあって大迫力!
    CG製ゴジラということだけど、破壊される街など、ところどころミニチュア撮影を思わせるカットもあったり、知ったところが破壊されてる悲壮感があります。
    ゴジラを始め、特殊効果は実によくできています。

    本作は、初心に帰って、オリジナルゴジラを現代風にアレンジとのことのようで、対する人間側は、ひたすら政府の対応。
    でっかいのがバシーンを暴れているので、犠牲者の血が流れる描写もありません。
    徹底的に政府の対応が掛かれます。
    これを映画で発信すると日本の脆弱性が浮き彫りに。
    デフォルメしてるようではなく、「本当にこんな対応になるんだろうなぁ」と後手に回る政府の対応に不安が強くなりますw
    しかしダレることもなく最終決戦に物語は向かいます。

    エンディングは、この前のハリウッド版ギャレス監督のゴジラの方が好きでしょうか。
    神聖化されたゴジラが素敵でした。

    気になる点といえば、破壊される街を俯瞰で捉えているため、一般人の驚き、痛みなどがほぼ描かれていないこと。
    ほぼ、逃げ惑う群衆という集団単位で描かれているので、なぜか恐怖を感じない。(政府目線だから?と勘ぐる怖さ?)
    しかし街が破壊され、初めて恐怖を覚えるという妙な現象に。

    この手のパニックものは、政府や機関などの対応を中心に描かれることが多く、だんだんそれを打開しようとした作品が生まれ、スピルバーグの宇宙戦争などはその最たるもので一般人からの視点でしか描かれないという快挙な作品もありました。
    この作品はそんな潮流を強引に引き戻してしまった作品。
    そこに何かメタファーがあるのかどうか?
    単にリアルに描いたらこうなっただけ?
    今の日本に妙な角度から喝を入れる極右映画か?などと考えを巡らせてしまうほどであった。

    いい役者がちょい役で一瞬、大勢出てたのには日本映画の総力結集的な意気込みを感じました。
    難しい役なんだろうけど、、石原さとみさんだけ、TVドラマでよく見るような様式美的なキメキメ芝居で浮いてたかな・・・

    あと、芝居部分、リアルだからしょぼい政府側の会議室などのつまらない画を排除したかったのだろうけど、アップが多く、照明もつまらなく、実写撮影部分をもっと何とかできなかったものだろうかという残念感はあり。
    でも日本で暴れる大迫力のよくできたゴジラを見れてよかった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Ciel

    5.0
    2016/8/2

    初代『ゴジラ』はビキニ水爆実験をきっかけに製作された。
    その後シリーズ化され数十本のゴジラが製作されたが、子供向けの怪獣映画、プロレス映画に成り下がっていた。
    そして今『シン・ゴジラ』は初代『ゴジラ』を始めて凌駕した。
    庵野総監督、よくぞこの映画を作ってくれました。
    ありがとうございます。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Hankus Q

    3.0
    2016/8/1

    ゴジラ映画のイメージには合わないなと思った。ゴジラの映画に政治はいらないと思うが、ゴジラ出現に対する政府の対応を中心にしたような映画になっているため、会話が早口で面白みがない。そのうえアメリカがゴジラの出現を事前に予測しており対応策も政治的なことを加味している。最終の対応が日本的ではあるが、ゴジラはどのように処理されるんだろうか・・・気になってしまった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告