虹蛇と眠る女|MOVIE WALKER PRESS
MENU

虹蛇と眠る女

2016年2月27日公開,111分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

オスカー女優ニコール・キッドマンが、母国オーストラリアの先住民族アボリジニに伝わる説話を題材にしたサスペンスに主演。砂漠の町に越してきた一家の子供たちが突如姿を消してしまう。行方を捜し憔悴する中、母親は虹蛇の伝説を知る。本作が長編劇映画初作品となるキム・ファラント監督が、原初の自然が残るオーストラリアで伝わる『奥地で行方知れずになる子どもの物語』を甦らせた。ニコール・キッドマンは身も心もさらけ出し、追い詰められていく母を演じる。ほか、「マトリックス」シリーズのヒューゴ・ウィーヴィング、「恋に落ちたシェイクスピア」のジョセフ・ファインズらが出演。

予告編・関連動画

虹蛇と眠る女

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

オーストラリアの砂漠地帯にあるナスガリという小さな町に、キャサリン(ニコール・キッドマン)とマシュー(ジョセフ・ファインズ)の一家が引っ越してくる。ある満月の夜、二人の子供たちが神隠しに遭ったかのように姿を消してしまう。外にいた場合、砂漠の暑さの中で耐えられるのはせいぜい2,3日。子供たちに命を危ぶみ警官のレイ(ヒューゴ・ウィーヴィング)ら地元警察は大規模な捜索を行うものの、手がかりすらつかめず、次第に夫婦に疑いの目が向けられていく。一家にはそれでもなお明るみにできない事情を抱えていた。憔悴していくキャサリンに、先住民族アボリジニの子供たちが、虹の蛇が二人を飲み込んだと告げる……。

作品データ

原題
STRANGERLAND
映倫区分
R15+
製作年
2015年
製作国
オーストラリア アイルランド
配給
コムストック・グループ(配給協力:クロックワークス)
上映時間
111分

[c] 2014 SCREEN AUSTRALIA, SCREEN NSW AND PARKER PICTURES HOLDINGS PTY LTD [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    1.0
    2016/3/16

    【賛否両論チェック】
    賛:大切な子供達を失い、少しずつ壊れていく主人公の姿が、過激かつエモーショナルに描かれていくのが印象的。
    否:主人公の言動は、やや共感しがたい部分が多い。終わり方も結構消化不良か。

     砂漠地帯という特殊な状況下で、最愛の子供達がいなくなってしまい、焦燥感から次第に理性を失っていく母親の姿が、結構過激なシーンと共に描かれていきます。
     ただ、その理性の失い方がややぶっ飛んでいるというか、なかなか理解はしがたい感じで壊れていくので、正直共感はしにくいかと思います。
     オーストラリアの大自然の中で巻き起こる事件の行く末を、是非観てみて下さい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2016/3/1

    寂れた独特の雰囲気を持つ砂漠の街にキャサリンは、そりゃあ目立つでしょうね・・
    普通にしていても、しぐさの一つ一つが絵になる。浮くわね。
    子供たちもきっと。浮いていたでしょう。
    言葉の端々でキャサリンを責めるマシューが、徐々に追い詰められ変わって行く。その過程は暴力的で、怖いのだけれど、やがて頼もしく。
    家族を守る為に頼もしくなっていく。
    ちょっと遅いのですけど。

    老いて枯れて行くのは宿命だけど、女は娘を生んで、その娘が若さを謳歌し輝いて生きるのを自分の分身として見ながら、我が身の現実を乗り越えていくんじゃないかな・・
    娘がいないから分からないけど。
    その分身を失った途端、枯れて行く焦りや、自由さ奔放さに固執するようになるキャサリンの脆さ。
    でも、解るような気がしたの。

    Hugo WeavingもJoseph Fiennesもお気に入りの俳優なので、個人的にNicole Kidmanが大変羨ましい。

    レイの正義感は中々格好良かったわ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告