マネー・ショート 華麗なる大逆転|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マネー・ショート 華麗なる大逆転

2016年3月4日公開,130分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

08年9月、アメリカの投資銀行リーマン・ブラザーズの破たんによって起きた世界的金融危機。それらをいち早く予見し、ウォール街を出し抜いた4人の型破りな金融マンたちを描く、実話をベースにした人間ドラマ。ブラッド・ピットが『マネーボール』に続いてプロデューサーを務め、マイケル・ルイスのベストセラー小説を映画化。

予告編・関連動画

マネー・ショート 華麗なる大逆転

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

金融トレーダーのマイケルはサブプライム・ローンが数年以内に債務不履行に陥る可能性がある事に気付くが、ウォール街の銀行家や政府の金融監督機関にはまったく相手にされずにいた。そこで、新たな戦略でウォール街を出し抜こうとするマイケルの動きを察知した銀行家のジャレットは、ヘッジファンド・マネージャーのマークに連絡を取る。

作品データ

原題
THE BIG SHORT
映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
アメリカ
配給
東和ピクチャーズ
上映時間
130分

[c]2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    CIMmasa

    -
    2021/6/22

    フィクションとノンフィクションを織り混ぜる娯楽作品。2021/06/21

    違反報告
  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    5.0
    2020/7/19

    あの時代を知っている人で、あの時代背景の一部分にでもタッチしている人にとっては、この映画は大変に面白いものだと思います。
    ある面では観客にとっての同窓会のような懐かしさもあり、ある面では、そういうこともやられていたのね、という発見もあり。
    たとえばCDSの組成方法なんてのは、後者です。

    正しいと信じる側に大金を賭けたギャンブラーが、正しくない目ばかり出続ける時。
    この逆境を耐え続け、迷う心に勇気を揮って、ついに大勝利を掴める人の心理までキチンと描かれていて、私はこれは凄い作品だと思いました。

    でも、観客の側にも一定の知識を要求する映画なので、万人受けはしないと思いますけどね。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    1.0
    2016/4/7

    【賛否両論チェック】
    賛:先見の明を持って、世界の流れに敢えて逆らい、勝ち抜けていった主人公達の気概には、考えさせられるものがある。
    否:「経済の仕組みについて知っている」という前提で話が進むので、そもそもの予備知識がないと、何が何だか全く分からないまま、退屈して終わってしまいそう。“第4の壁”を破って話を進める演出にも、好き嫌いがあるかも。

     恐らく大抵の人が観た第一印象は、
    「とにかく難しい!!」
    ということだと思います(笑)。観る方が経済の仕組みを知っている前提で話がどんどん進んでいくので、知らないと
    「え?それで結局、損したの?得したの?」
    なんて、訳が分からなくなってしまいます。それが映画の最初から最後までずっと続くので、予備知識は必要です。
     とはいえ、世間に対する“ウソ”が蔓延したウォール街にあって、先見の明を持って、敢えて大勢に勝負を挑み、勝ち抜けたアウトロー達の姿は、観ていて勇ましいものがあります。ブラッド・ピット演じるベンが、空売りに成功して浮かれるチャーリーとジェイミーに対し、
    「〝経済の負け”に賭けたんだ。破綻で1万人が死ぬ。はしゃぐな。」
    と叱るシーンが印象的でした。
     なんとなく、頭がイイ人向けの作品かも知れませんね(笑)。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Sibyl

    3.0
    2016/3/29

    難しくて私には雰囲気程度しか解らなかったけど、それでもリーマンショックの裏事情というか、これが真実なんだなと思った。
    詐欺まがいのことが平気でまかり通ってるのに誰もが見て見ぬ振り。私利私欲に走る人々。崩壊寸前の経済。
    そんな歪みに気づいた少数の人たちがそれぞれにどう動き考えたか。その辺りがリアルに描き出されてて、観ていて一緒に考えたり憤ったりした。
    もちろん後味は良くないけど、これが現実だなあと。見応えありです。あと流れてる音楽がカッコいい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    矢口渡

    3.0
    2016/3/25

    専門的なので、時々丁寧に解説は入るものの、やはりよくわからない。ただ、儲かる人がいる裏側で、生活が壊れ損する人もいる。結果、金融システム維持のための動きもあるが、経済は生き物であることを上手に伝えている。クリスチャンベール他役者もいいし、金融機関で働く人のいやらしさ無責任さなどを醸し出している。
    演出的にも、ドキュメンタリー風を所々に入れ斬新。見る価値あり。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2016/3/19

    たぶんstoryは面白いと思う。
    株とか投資とかわかった前提で。

    これは公式HPなり見ないで観ると、たとえ映画の中でサブキャラが説明してくれても、どうしたものか、分からなくなってくる…

    でも、安易に飛びついた者が結局は損をするということになるのかしら。
    そして人の1歩前、いや2歩前を予想していた者に勝利の女神は微笑む。
    なんか「ドリームホーム」にも相通じるものがあるな。ずさんだ商品が生んだ世界恐慌。マークの言っていることに大きくうなづく。

    素人にはなかなか難しい。主要メンバーの強い個性は面白いんだが、ハードルの高い内容で理解できない自分が悲しい。

    大事なのはベンが若い投資家に諭すように、誰が負を背負うのか、ここに尽きる。

    それにしてもPLANBは脂がのっている。B.ピットのこういう役、わりと好きです。S.カレルもおバカmovieから脱皮?

    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    3.0
    2016/3/9

    豪華俳優陣による実話を基にしたドラマ。
    リーマンショックの世界的金融危機の裏側を観ると、
    こんな事が起きてたのかぁと唖然とします。
    経済的な知識やその時のニュースの内容を知っていないと、
    話についていくのがしんどいですね。
    もちろん、全然知識なかったのでしんどかったです。
    序盤は全くついていけなかったので、ついウトウトと…
    でも後半は展開がガンガン進むので、
    それにつられて、ガンガン見入っちゃいました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Orca

    4.0
    2016/3/8

    今回の大統領選の背景にある金融工学の裏側が垣間見えるお世白い映画なのに上映館が少なくて不便でした。
    ある程度リーマンショックの背景を勉強してから観ると興味深い映画です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2016/3/6

    経済用語の知識、せめて新聞の経済面をすいすいと読める程度の素養は必要。
    最低限の知識しか持ち合わせが無いので、一瞬でも気を抜くとついていけなくなると思い必死で見た。
    何回か観たらちゃんとついていけるようになるのかなぁ。。。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2016/3/6

    損害を被りましたが、その裏でこんなドラマがあったとは…。
    ブラピがプロデュースしていることから、『オーシャンズ』シリーズを思い浮かべた方が、いらしたかも。
    しかし、そんな爽快感/達成感はありません。むしろ、彼らも出資者から返金を迫られ、大変な思いをしていたこともよく分かりました。
    社会性:★★★、物語性:★★、娯楽性:★

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2016/3/5

    08年9月、アメリカの投資銀行リーマン・ブラザーズの破たんによって起きた世界的金融危機.
    それを凄く理解しやすく説明してくれている。
    メインに上げられている4人はとても豪華だけれど、その説明の為だけにちょっとずつ登場するセレブ達も実は豪華だったりします。

    Michael Lewisの原作とBrad Pittのプロデューサーのコンビは2回目。
    この2本のBrad Pittは中々良い。
    金融業界に凄いコネクションを持ちながら一線を引退してスローライフを送っている。
    だけど、若者の夢を影から支え、守る。中々格好良い。
    でも、「はしゃぐな!」と一括する厳しさも持っていて、その辺に一線を退いた闇が有るんだろうなぁ‥と思います。
    ラストに彼の言葉が沁みてくる。

    マイケル・バーリを演じる Christian Bale のムサくて変わり者でマイペースな役作りは見事でした。
    何より、マイオフィスでヘビメタを大音量にして幸せそうに仕事に没頭する姿が好感持てました。
    ドラム の腕前は、本職と比べてはいけないと思うけど。

    マーク・バウム役のSteve Carellは普段のコメディ色を封印して、苦悩するヘッジファンド・マネージャー役を貫禄たっぷりに演じています。

    「儲かる」と言うことに浮かれ、何も見ないでただ稼ぎまくっている人々、現状を理解し正そうとする人、裏をかいて更に儲けようとする人、そしてその現状に失望する人。

    この映画のお陰で何が起きたのか、ちょっと理解できたような気がします。
    金融業界は怖いですね・・素人は手を出しちゃいけないですね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    4.0
    2016/3/4

    経済用語まったく知らず「リーマンショクそれ何?」って感じの社会性ゼロの私なのに話に没頭。
    経済破綻を予測した彼らって、なんか変人で社会性なさげなところが面白い。
    マイケルの音楽の趣味はグーで乗っちゃう。
    経済用語を説明してくれる優しい方も。
    怖いけど実はいい奴マーク。
    そして、いいとこ取りのブラピ。
    エナジーたっぷりで、ノリノリに楽しめて、そして少し頭が良くなった気がするお得な映画でした。

    違反報告