恋妻家宮本:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
恋妻家宮本
恋妻家宮本

恋妻家宮本

2017年1月28日公開,117分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

人気作家・重松清の小説を、脚本家として数々の話題作を手がけてきた遊川和彦が初めて監督に挑戦し、映画化した家族ドラマ。子供たちが親元から離れ、2人きりの生活に戻された夫婦が感じる違和感や戸惑いが描かれる。阿部寛と天海祐希が夫婦役を、2人の大学生時代を工藤阿須加と早見あかりというフレッシュな俳優たちが演じる。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

学生時代に合コンで知り合い、卒業と同時にできちゃった婚し、以来27年間寄り添ってきた陽平と美代子。息子夫婦が福島へ転勤し、ひさびさの2人っきりの生活に戸惑ってしまう。さらに酔いつぶれた陽平は妻の記入欄がすべて書き込まれて捺印された離婚届を発見して動揺。趣味の料理教室仲間に相談するが、ある日、美代子が家を飛び出してしまう。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
117分
製作会社
『恋妻家宮本』製作委員会(制作プロダクション:ビデオプランニング)

[c]2017「恋妻家宮本」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.1

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?