母よ、|MOVIE WALKER PRESS
MENU

母よ、

2016年3月12日公開,107分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2015年の第68回カンヌ国際映画祭エキュメニカル審査員賞や数々の映画賞に輝いた、ナンニ・モレッティ監督による人間ドラマ。1人の女性映画監督の姿を通して、家族とは人生とは何かというテーマをユーモアを交えて描く。イタリアのアカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞を7度受賞のマルゲリータ・ブイが主演を務める。

予告編・関連動画

母よ、

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

映画監督のマルゲリータは様々な問題を抱えていた。新作の撮影は思い通りにいかず、離婚した夫との娘リヴィアは反抗期に突入。一番の懸念は入院中の母で、医師からは病状が重いと説明される。そんな中、主役を務めるアメリカ人俳優のバリーは到着早々、問題を起こすなど気が重く、入院中の母を見舞っては、心を安らげようとする。

作品データ

原題
MIA MADRE
映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
イタリア フランス
配給
キノフィルムズ
上映時間
107分

[c]Sacher Film. Fandango. Le Pacte. ARTE France Cinema 2015 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2016/3/15

    ある程度の年になると、皆抱えているものが色々有る。
    仕事が上手く行かなかったり、自分の病気だったり、家族の病気だったり。
    マルゲリータの仕事はちょっと特殊では有るけれど、中年女性が抱えている色々な問題が寄せ集まっている。

    でも、娘リヴィアの反抗期なんてまだ可愛い物だし、母の介護に協力的な兄が居て、仕事も続けられる。
    その仕事も映画監督と言う人を使う立場で、大変だけど、認められていると言うことでしょ。
    何より、仕事を終えて母を見舞うことが出来る。疲れてはいるけれど。
    別れるとは言え恋人も居た訳だし。
    それってかなり恵まれていると思うの。

    それ以上に恵まれているのが母アーダよね。
    産まれた以上、死は避けられない。どう死ぬか・・
    ちゃんとした病院で息子と娘が交代でやってきて世話をしてくれ、かわいい孫に教えてあげられる事も有る。
    知り合いや教え子たちが訪ねてくる。
    病気は不幸だけれど、愛に囲まれたこれ以上ない美しく幸せな最期じゃない?

    最期に母への愛を感謝を伝える猶予をたくさん与えられたのだから。
    イライラしながらハラハラしながら色々な事を抱えながら、その不幸を受け入れて向かい合う。
    そして色々抱えているのが自分だけじゃ無い事に気づく。

    次は自分の番だからね。どんな最期を迎えるのか・・

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2016/3/12

    N.モレッティの家族の話は全体的に暗いが、どこかに光が見える。マルゲリータは恋人と別れ、母は入院、映画撮影は多忙でストレスは多いが、それでも充実な生活にみえる。
    映画撮影も役者がトラブルメーカーなのは御免こうむりたい。スクリーンで見るだけでバリー、気に障る。
    そんな中、母の見舞は大変で心配だけれど、心の安定になる1つだった。母は教養があり、寛容。孫も彼女がが大好きだ。こんな母子関係、素敵。普通に正統派な終焉にちょっと物足りなさはあるけれど。

    違反報告