鉄拳 Kazuya's Revenge|MOVIE WALKER PRESS
MENU

鉄拳 Kazuya's Revenge

2016年1月9日公開,90分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

人気対戦格闘ゲーム『鉄拳』を、「テラフォーマーズ」のケイン・コスギ主演で映画化したアクション。ゲームのメインキャラクターを主人公に、新たなストーリーが展開する。特集上映「未体験ゾーンの映画たち2016」にて上映。記憶を失った主人公の葛藤を織り交ぜつつ、激しい武闘アクションが繰り広げられる。「47RONIN」のケイリー=ヒロユキ・タガワが共演。監督を務めたのは「バリスティック」のカオス。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

過去の記憶をすべて失い、冷徹なボス“牧師”が率いる武装組織に拉致された孤高の青年“K”(ケイン・コスギ)。暗殺者になることを強いられた彼が唯一信じていたのは、命の危機を察した瞬間に自らが放つ殺人的な“本能の拳”のみ。驚異的なその潜在能力を買われた彼は、この世に蔓延る罪人たちを処刑するという闇の任務を与えられたのだ。ある時、組織を抜け出した裏切り者の始末を命じられた“K”は、牧師の知られざる本性と、自分のアイデンティティに関わる驚愕の真実を知ることになる……。

作品データ

原題
TEKKEN2 KAZUYA'S REVENGE
製作年
2014年
製作国
アメリカ
配給
ツイン
上映時間
90分

[c]2014 AGENT X PRODUCTIONS LLC. ALL RIGHTS RESERVED [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    2.0
    2016/1/14

    【賛否両論チェック】
    賛:絶望的な状況下でにあって、自身の運命を自分の手で切り開いていく主人公の姿が痛快で、カッコイイ。身体能力を駆使したアクションも圧巻。
    否:お話そのものはかなり荒唐無稽で、人によっては全く面白くないかも。なんらかの事前知識も、あった方がいい。

     格闘ゲームが原案とあって、壮絶なアクションシーンが満載です。命懸けの任務を命じられながら、決して捨て駒にされることなく、自らの運命を切り開こうともがく主人公の姿が、印象に残ります。さすがケイン・コスギさん、似合いすぎていて、メチャメチャカッコイイです(笑)。
     展開や登場人物、世界観なんかはかなり荒唐無稽で、ツッコミ始めると途端につまらなくなってしまいそうですので、〝鉄拳”に興味のある方は、是非ご覧になってみるとイイかと思います。

    違反報告