ルーム|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ルーム

2016年4月8日公開,118分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ある日、拉致監禁され、一児の母親となった女性が絶望的な状況からの脱出に挑む姿を描く人間ドラマ。子役時代から数々の作品に出演し、『ショート・ターム』で注目を浴びたブリー・ラーソンが、息子と共に生き延びようとする母親を演じる。監督は被り物をしたバンドマンを描いた『FRANK フランク』のレニー・エイブラハムソン。

予告編・関連動画

ルーム

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

狭く小さな部屋で暮らすママとジャック。2人がオールド・ニックと呼ぶ男によってそこに閉じ込められてから7年、部屋の外の世界を知らない息子のために、ママは部屋からの脱出を決意する。そして、ジャックに読み聞かせていた「モンテ・クリスト伯」からヒントを得て、死んだふりをして、部屋から運び出される計画を立てる。

作品データ

原題
ROOM
映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
アイルランド カナダ
配給
ギャガ(提供 カルチュア・パブリッシャーズ=ギャガ)
上映時間
118分

[c]Element Pictures/Room Productions Inc/Channel Four Television Corporation 2015 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    4.0
    2020/5/3

    ジワジワと迫りくる恐怖がたまりません。

    違反報告
  • rikoriko2255

    tuki

    4.0
    2020/4/29

    いい話ではありましたが、なんかもひとつ見入ってしまうポイントがなかったというか、、、

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.4
    2020/4/29

    A24が関わっている作品は大体良作。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ムーラン

    4.0
    2020/4/26

    観る前は、脱出して終わりかと思っていたが、
    本当のドラマはその後なのね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ひろ

    5.0
    2020/4/25

    子役の演技力が本当に凄い。実話を元にしていると思うととても切ない。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2018/8/31

    原作はエマ・ドナヒューの小説「部屋」。7年間も密室に監禁された女性が、そこで生まれ育った5歳の息子のため命懸けで脱出に挑み、長い間世間から隔絶されていた彼らが社会に適応していく過程を描く。外に出れてからが大変とは言うがまず出ないと腐った人生しかないし出れて苦しむ方がよっぽどマシ。子供の順応力に母親や頭の固い周りの大人達もほぐされていくだろう。しかしギャーギャー叫ぶシーンが多くて辟易した。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2016/5/14

    【賛否両論チェック】
    賛:〝世界”を知らずに育った息子が、監禁されてきた母親と共に、決死の脱出を図るまでの前半と、世間からの注目を一身に背負いながらも、普通の生活を手にしてからの葛藤を描いた後半。どちらの状況にあっても、親子二人三脚での成長をしっかりと描いているのが印象に残り、感動させられる。
    否:展開は結構淡々としているので、好みは分かれそう。暴力シーン等、生々しい描写もあり。

     前半は、親子が脱出を果たすまでの格闘を描きます。幼いが故に何も分からず、“世界”という概念を理解出来ないジャックに対して、ジョイが教え方を苦悩する様子が印象的です。その特殊な状況下でなければ起こり得ないその境遇に、なんだかとても切ない感じがします。同時に、無事に逃げ出せるかどうかのハラハラ感にも支配されます。
     そして後半は、脱出した親子が世間に注目されながらも、本当の人間らしさを取り戻そうと葛藤していく様子が描かれていきます。ジャックは初めて目にする人や物の多さに驚きを重ね、ジョイは周囲の変化や過熱する報道に戸惑いながらも、少しずつそれを受け入れていきます。そんな2人の成長する過程もしっかりと辿っているのが、またステキです。
     ラブシーンや暴力シーンも少しだけありますが、親子の本当の二人三脚の物語を、是非劇場でご覧下さい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Hankus Q

    4.0
    2016/4/29

    つい最近、3年間誘拐監禁された女性が救出され事件があったでけに現実的な映画として観た。
    前半の監禁された空間での母子二人の生活表現も悲しく、切ないものだが、後半、「部屋」からの脱出後の二人が素晴らしく、悩み迷った後に二人の未来に光が見えたようで救われた気持ちになれ、この男の子が素直で,優しくお母さんを支えている姿に感動した。また、子にとっての部屋に対する目線がおもしろかった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2016/4/11

    最近、現実世界で誘拐、監禁の事件が多くて
    実話を基にしたのかと思うほど、リアルに感じました。
    物語は誘拐、監禁からの脱出の緊迫感、
    そして脱出後、世界に順応していく苦悩が描かれています。
    アカデミー主演女優賞を獲った
    ブリー・ラーソンの演技もさることながら
    子役ジャックのジェイコブ君の切ない演技に
    心が揺さぶられました。
    これはアカデミー主演男優賞をあげたくなるような
    素晴らしい演技でした。
    切なくもあり、強くもある子どもの蔭りの無い心を
    こんなにも豊かな演技ができるものかと感激しました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    4.0
    2016/4/10

     米国公開時から注目していた「ルーム」!

     やっと日本公開で早速、観てきました。

     各映画賞で称賛され、アカデミー賞でも、主演女優賞を取得した主演のブリー・ラーソンの演技も話題の中、先日、犯人逮捕で日本全土に衝撃を与えた当時中学1年生の女子生徒を2年間誘拐、監禁した事件も多少影響しているのか、映画館は満席でした。

     前半は監禁されている生活と脱出するまでを緊張感ある展開で描き、後半は現代社会の中でこれから母子がどのように生きていくのかを社会の現実、矛盾、偏見等が交差しながら感動へと導いてくれます。

     観る人によって感動する場面や共感するシーンはかなり分かれると思いますので、一言で「ここがよかった」と言いずらいのですが、私はとにかく母子の絆の強さに大きく感動しました。脱出した子供と救出された母親が再開するシーンや母のために力があると信じて宝物にしている長髪の髪を切って母に送るシーンはコンタクトが流れそうになるほどでした。その分、この母子の未来が不安で、人間社会がこの二人にやさしいことを心から願い劇場を後にしました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2016/4/9

    私は有ります。男は力で抑え付けることで優位に立とうとするものなのか・・トラウマにならない筈がない。

    どうしてこの母子がこういう状況になったか・・は最初説明されません。
    つつましやかな母子。夫婦の真似事のような生活。
    次第にその異常性が見えてくる。

    その世界しか知らない少年ジャックに危機感はあまり無いけれど、そりゃあ、母親は元の生活を取り戻したいわよね・・自分の為にも息子の為にも。
    抵抗していた時代も彼女の口から語られるけど、ジャックが産まれてその子を守り育てる事に生き甲斐を見出して強くなったのだと思う。
    あの部屋に逃げ込みたいとジャックが思うだろうことは想像できた。
    息子を守ると言う依存から解放されたママに起こる心の変化も。

    壊れそうなママを救うのは、やっぱりジャックなの。
    いつだって、ママを救うのは息子よね。

    髪を切ると言い出すジャックの気持ちが凄く泣かせるのだけど、髪を切ったジャックは美少年なのだけれど。
    どうかな・・今は良いけど、将来きっと男らしく変化して行くジャック。
    きっと父親に似てくる。嫌でも。それが垣間見られてちょっとぎくってなりました。

    孫の顔をまともに見られない、祖父を演じるWilliam H. Macyの態度も納得できる。
    娘の生き甲斐であっただろう、ジャックを祖母が受け入れられるのは、やはり女性だからかな。

    過去は忘れようとしても、心のどこかで体に変調を起こす。
    私も、窮屈な場所や束縛される状況に呼吸困難になるパニックを起こすようになった。
    何とか日常生活を続けているけど。辛い時も有る。

    閉じ込め日常を奪った「部屋」にママを連れて行ったジャック。
    何も無い、ドアが解放されたあの場所をママに見せたのはお手柄だわ。
    ジャック役のJacob Tremblayくんが凄く良い。

    息苦しいくらいリアルで胸が締め付けられました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    4.0
    2016/4/8

    感覚だけで観れる心理描写的な映画だと思っていたけど、複雑な大人的なところも多々あった。
    でも、子供のジャックはひたすら純粋。
    新しいことを初々しく受けとめる。
    外の世界を知っている母は自由を求める。
    部屋しか知らないジャックは、この狭いルームでさえ友達がいっぱい。
    ジャック役の子役の声が天使のよう。
    「バイ…」
    これだけで涙がこぼれる。
    平凡な生活が、幸せな事かもしれないと思えた。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    4.0
    2016/4/7

    7年間の監禁の中で、「逃げる」という希望を捨てずにいたジョイの精神力の強さは素晴らしい!
    そして世の中を知らないジャックに脱出作戦を実行!!
    もうドキドキハラハラものでした。
    命がけの脱出作戦も成功し、二人は見事助け出されるものの、家族の事情も加わり、それからがまた二人に試練!!
    母親の力のすごかったけど、子供の力はもっとすごい!!
    ジャック役のジェイコブくんの演技、彼が戸惑いながらもどんどん「世界」を受け入れて成長していく様子は本当に素晴らしかった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    4.0
    2016/4/2

    物心ついてから見る“本物”は人生最大お驚き。トラックの荷台から見る途切れない空。頬にあたる風。町の匂い。こんなに五感をフル稼働し、刺激されるなんて。

    全ての元凶はroom。ママはジャックがいなかったらとっくに人生終えてた。
    この映画公開間近に日本でも事件があったではないか。皮肉にもダブる。これを観る人たち皆、同じことを思うだろう。
    保護されてから世間はよく無事で~と言うんだが、ロバートの本心は胸がしめつけられるほど痛い。そうでしょうよ。娘だけなら安堵で終わっていたかもしれない。だが5歳にもなる孫が。その根本を辿れば、元凶にたどり着く。
    ロバートのあの表情は忘れられない。(W.H.メイシーは良い役者だなぁ)

    映画はジャックの純粋無垢な今だけだが、TVレポーターのこれからが大変という言及は、未来が怖い。ただ、これだけは言える。ジャックは2度もママを助け、roomしか知らない5歳の男の子が誰よりも逞しく見えた。
    アカデミー賞でもB.ラーソンとJ.トレンブレイの絆が感じられ、これがあるからこそ、素晴らしい映画となった。

    違反報告