ドロメ 女子篇|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ドロメ 女子篇

2016年3月26日公開,98分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

男子高と女子高の演劇部員たちが、合同合宿中に怪事件に遭遇するホラー。同じ時間軸の物語を、女子側の視点から描いた本作と男子側の視点から描いた「男子篇」の二部構成。主演は「チョコリエッタ」ほか多数の作品で活躍中の森川葵。監督は「先生を流産させる会」で注目を集め、以後数々の作品を手掛ける新鋭・内藤瑛亮。

予告編・関連動画

ドロメ 女子篇

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

紫蘭高校演劇部部員たちは、顧問の教師・持永(菊池明明)と共に、山の上にある泥打高校へ向かう坂道を上っていた。来年からの共学統合が決まっている両校の演劇部で、男女合同合宿を行うためだった。部長の熊谷絢(比嘉梨乃)や3年生の坂下栞菜(遊馬萌弥)、2年生の杉原実夏(三浦透子)たちは、期待に胸を膨らませる。ただ1人、2年生の川那小春(森川葵)を除いて……。坂の途中、泥まみれの観音像と行方不明者を探す貼紙を目にするが、男子との出会いに胸をときめかる女子部員たちは、気に留める様子もない。やがて辿り着いた泥打高校では、同じく女子との出会いに期待が最高潮に達した演劇部員の峰崎陸(大和田健介)や本橋龍成(中山龍也)、星野颯汰(小関裕太)に加えて、顧問の教師・桐越(東根作寿英)が待っていた。そして、小春と颯汰はお互いの存在に気付いてしまう。泥打高校演劇部OBの津田光輝(岡山天音)も加わり、合宿は厳しくも楽しく進んでゆくが、やがて不可解な現象が続発。さらに、桐越の口から恐るべき事実が明かされる。女子部員たちが坂の途中で目にした貼紙の人物は、行方不明になった泥打高校の女性教師で、その事件は古くから村に言い伝えられる化け物“ドロメ”の仕業だというのだ。次第にエスカレートする怪奇現象、小春と颯汰の隠された過去、部員たちの友情と恋。想像を超えた事件の先に待ち受けるものとは……?

作品データ

製作年
2016年
製作国
日本
配給
日本出版販売
上映時間
98分

[c]2016「ドロメ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    2.0
    2016/4/11

    【賛否両論チェック】
    賛:〝ドロメ”の恐怖に襲われながらも、次第にたくましく変わっていく主人公の姿が、コミカルかつシュールに描かれるのが印象的。「男子篇」との絶妙なリンクも秀逸。
    否:話そのものは荒唐無稽で、ツッコミ出すとキリがない。また、本作だけではどうしても謎の一部は残る。グロシーンもあり。

     自分を傷つけた初恋の人と再会し、戸惑い苦しむ弱い主人公が、〝ドロメ”という化け物に遭遇し恐怖しながらも、次第に自分の気持ちを受け入れ、たくましく変わっていく様子が、遊び心満載の描写で描かれていきます。〝お風呂は先に入りたい”〝パジャマトーク”等々、女子ならではの話題が出てくるのも、思わずうなずけます(笑)。
      そして何といっても、この作品の最大の魅力は、「ドロメ 男子篇」とのリンクです。同じ事件を前にして、本作では小春達女性陣からの視点が描かれていますが、「男子篇」では同じ時間軸で、颯汰達男性陣からの視点が描かれているので、意外なシーン同士が繋がったりします。そうした対比によって、物語が何倍にも面白くなります。どちらかというと、本作を先にご覧になった方が、
    「ああ、そういうことだったのね!!」
    と、納得出来る部分が多いかと思います。
     勿論本作だけでも楽しめる作品ですが、折角ですので「男子篇」「女子篇」両方ご覧になって、見比べてみるのをオススメします(笑)。

    違反報告