無伴奏|MOVIE WALKER PRESS
MENU

無伴奏

2016年3月26日公開,132分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

直木賞作家、小池真理子の半自伝的小説を若手実力派キャストの共演で映画化。学生運動華やかなりし1969年の仙台を舞台に、クラシック音楽の流れる喫茶店で2人の青年と出会った女子高生が、恋を経験して大人の女性に成長してゆく。出演は「極道大戦争」の成海璃子、「愛の渦」の池松壮亮、「虎影」の斎藤工。監督は「太陽の坐る場所」の矢崎仁司。

予告編・関連動画

無伴奏

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

日本中が学生運動の熱気に包まれていた1969年。仙台の女子高生・響子(成海璃子)は、同級生のレイコやジュリーとともに制服廃止闘争委員会を結成し、学園紛争に打ち込んでいた。そんな娘を案じる両親が仕事の都合で東京に引っ越すことになったものの、進学校に通う響子は、叔母の下で暮らし、仙台に留まる。やがて、レイコに連れられて初めて訪れたクラシック音楽の流れる喫茶店“無伴奏”で出会ったのは、渉(池松壮亮)、祐之介(斎藤工)、エマ(遠藤新菜)の3人。その店で、バッヘルベルのカノンをリクエストする渉に響子は興味を抱く。やがて、大学で開かれた集会で負傷し、自分の甘さを痛感して学生運動から離れた響子は、逃げ込んだ“無伴奏”で渉たちと再会。会うたびに渉に惹かれてゆく響子は、時に嫉妬や不安に駆られながらも、熱い想いを注ぐようになる。だが、いつしか見えない糸が絡み合い、どうにもならない衝動に突き動かされてゆく……。

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
2015年
製作国
日本
配給
アークエンタテインメント
上映時間
132分

[c]2015「無伴奏」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ミチさん

    3.0
    2016/3/31

    「僕は二十歳だった。」(ポール・ニザン)で始まる本作品の評価は、実は難しい。表面的には、大学紛争期に青春を送った女性の回想録ではあるけれど、では、テーマはというと、大人に成り切れない青年期の心の痛みなのか、恋愛なのか、今一つはっきりしない。それと、今日的な意味あいも。
    前半は、お気軽な恋愛ものと言えなくもない。しかし、後半、ある事件が起きて、彼らの世界が崩壊する。そして我々に残されたものは?
    3人の役柄の内、実は斎藤工が一番難しい。だんだん、出番がなくなるし、台詞もなくなるけど、存在感は、逆に増してくる不思議な役柄だ。敬意を表したい。

    違反報告