シアター・プノンペン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

シアター・プノンペン

2016年7月2日公開,105分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ポル・ポト派によるカンボジア大弾圧の時代を潜り抜けた映画をめぐる人間ドラマ。偶然寄った古い映画館で、女子大生のソポンは銀幕に映る若き日の母を見る。母の女優時代を知ったソポンは、内戦で失われたその映画の最終シーンを撮り直そうとする。監督は「トゥームレイダー」のライン・プロデューサーを務めたソト・クォーリーカー。本作が初監督作品となる。ソポンの母を演じるのは、「怪奇ヘビ男」などに出演したカンボジアの往年の大女優ディ・サヴェット。劇場公開に先駆け、第27回東京国際映画祭アジアの未来部門で上映され、国際交流基金アジアセンター特別賞を受賞した(映画祭上映時タイトル「遺されたフィルム」)。

予告編・関連動画

シアター・プノンペン

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

カンボジアの首都プノンペン。病を患う母、厳しい軍人の父、口うるさい弟と暮らす女子大生のソポンは、家族との生活に息苦しさを感じていた。父は将軍の息子とのお見合いを決めてくるが逃げ回り、授業をすっぽかしてボーイフレンドのベスナと遊び歩いていた。ある晩、ベスナとはぐれてしまったソポンは、街をさまよううちに廃墟のような古い映画館にたどり着く。そこで彼女は、自分そっくりの姿をした若き日の母がスクリーンに映るのを見る。今の姿から想像できないほど、スクリーンの中の母は輝いていた。上映されていたのは、ポル・ポト派がカンボジアを掌握する前年の1974年に制作された未公開映画「長い家路」。母はその主演女優を務めていた。クメール王国を舞台にしたおとぎ話のような恋愛絵巻に引き込まれていくソポン。しかし内戦の混乱でフィルムが失われ、「長い家路」は途中で終わっていた。映画館の主人で映写技師のソカは、40年間も母を慕い続けていた。ソカこそ「長い家路」の監督ではないかと思ったソポンは、彼のもとで失われた最終シーンを撮り直そうと思いつく。そして撮影に向け動き始めるうちに、父や母をはじめ激動の時代を懸命に生きた人々の数奇な運命が浮かび上がっていく。

作品データ

原題
THE LAST REEL
製作年
2014年
製作国
カンボジア
配給
パンドラ
上映時間
105分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?