ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン|MOVIE WALKER PRESS
MENU
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン

ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン

2016年6月18日公開,115分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ファンクの創始者で2006年に他界した歌手ジェームス・ブラウンに肉薄するドキュメンタリー。ミック・ジャガーのプロデュースの下、未公開映像やライブの模様、インタビューから、音楽シーンだけでなく黒人社会にも影響を与えた彼の軌跡を辿る。監督は、「『闇』へ」で第80回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を獲得したアレックス・ギブニー。ジェームス・ブラウンの権利を管理するジェームス・ブラウン・エステートの全面協力を得て制作された。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

幼いころに両親に捨てられ、貧しい少年時代を過ごしたジェームス・ブラウンは、音楽活動を開始し自力で道を切り開き、やがて『ショービジネス界で最も働き者』と呼ばれるまでになり、音楽界に君臨した。ファンクを生み出しアメリカの音楽シーンを根底から変え、音楽シーンのみならず社会運動家としても活動、20 世紀でもっとも影響力のあるアーティストとなった彼の足跡を辿る。また、1956 年に発売された初のヒット曲『プリーズ、プリーズ、プリーズ』、アポロ劇場での公演、世界の人気歌手やバンドが集った公開番組『タミー・ショウ』の模様を撮影した映画「ビート・パレード」、パリ 9 区にある老舗ミュージック・ホールやオランピアでの公演の様子なども盛り込んでいる。さらに、ブラウン自身のインタビューなどの歴史的な映像、ミック・ジャガーやアル・シャープトンといった彼に影響を受けた者たちや、メイシオ・パーカーをはじめとするバンド・メンバーら関係者へのインタビューなどから、偉大なアーティストの姿を浮かび上がらせる。

作品データ

原題
MR. DYNAMITE: THE RISE OF JAMES BROWN
映倫区分
G
製作年
2014年
製作国
アメリカ
配給
アップリンク
上映時間
115分

[c]2015 Mr. Dynamite L.L.C. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    5.0
    2016/8/1

    音楽は最高!!! でもそれなりに重い話

    類稀な才能があったから、社会の最底辺から這い上がれた人。
    類稀な才能があったのに、貧民街出身の黒人であったために、誰にも頼らず信用せず、闘い譜付なければならなかった人。

    貪欲にビジネスを手がけたつもりが、音楽以外の商売は全て失敗。金銭トラブルで昔の仲間は次々離れ、公民権運動の一翼を担いながらも、女性には横暴な所もあって(幼少時代の心の傷が原因と言われているらしい)、政界に近づくにつれ、特別な才能も無い、大多数の低所得の人々への無理解も表面化し、そんな中で息子を事故で亡くしたり・・・・

    けれど愛蔵渦巻く生涯から育まれた、全く新しい音楽”Funk”は世界中の観客だけでなく同業者も魅了し、今でもヒットチャートの最前線に居るミュージシャンから尊敬される。 
    (だって未だに、あのステップも、あのグルーブも、ちゃんとこなせるエンターティナーなんて、いないでしょ。)

    本作のはじめの部分で、「希望の無い人生だから、歌えば歌うほど、生きる力が湧いてくる」というような意味の、JB本人の語りが紹介されていたけれど、本当にそうなんだなあと、つくづく考えさせられる一作

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告