花、香る歌|MOVIE WALKER PRESS
MENU

花、香る歌

2016年4月23日公開,109分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

韓国の伝統芸能“パンソリ”初の女流唄い手をめぐる実話を「建築学概論」のスジ主演で映画化。朝鮮時代末期。母を亡くした少女チェソンは、偶然知ったパンソリの物語に感銘。唄い手になることを決意するが、当時は女性が唄うことは固く禁じられていた。共演は「ポイントブランク 標的にされた男」ののリュ・スンリョン、「私の少女」のソン・セビョク、「パイレーツ」のキム・ナムギル。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

朝鮮時代末期。母を亡くした少女チン・チェソン(スジ)は、偶然、村でパンソリを耳にする。パンソリとは、一人の唱者が鼓手の打つ太鼓の伴奏に合わせて唄とせりふ、身振りで物語を語っていく伝統芸能である。チェソンはその物語のヒロインに自らの人生を重ねて号泣。「涙のあとは笑顔。それがパンソリだ」と優しく教えてくれたのは大家シン・ジェヒョ(リュ・スンリョン)であった。そのときチェソンはパンソリの唄い手になることを決意するが、当時は女性が唄うことは固く禁じられていた。それでも諦めきれないチェソンは、性別を偽りジェヒョのもとで修業を開始。1867年、時の権力者・興宣大院君(キム・ナムギル)が主催した宴に、チェソンは危険を冒して臨むのだが……。

作品データ

原題
桃李花歌 도리화가
製作年
2015年
製作国
韓国
配給
CJ Entertainment Japan
上映時間
109分

[c]2015 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?