NINJA THE MONSTER|MOVIE WALKER PRESS
MENU

NINJA THE MONSTER

2016年2月20日公開,84分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

NHK連続テレビ小説『あさが来た』のディーン・フジオカのブレイクを受け、松竹が海外市場向けに製作した作品を逆輸入公開。忍者禁止令が発布された時代。忍である伝蔵は自らの正体を隠し、江戸に向かう幸姫に同行するが突如謎の怪物が現れる。「超高速!参勤交代」の土橋章宏による脚本を「太秦ライムライト」の落合賢が監督。共演は「チョコリエッタ」の森川葵、「今日子と修一の場合」の和田聰宏。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

忍びは脅威だと危険視され、幕府が「忍者禁止令」を発布。もはや忍は存在しないと思われていた時代。藩の救済を乞うため、幸姫(森川葵)ら長野藩の一行は江戸へと向かっていた。そこには、忍であることを伏せている伝蔵(ディーン・フジオカ)も同行。その道中、山へ入る一行の前に突如“もののけ”が現れ襲いかかる。伝蔵は、駕籠の中の幸姫を救い出すが、残りの一行は全滅。江戸へたどり着かなければ藩を取り潰されてしまう幸姫は、危険な山を越える命がけの旅を伝蔵とともに続けてゆく。だが、いつしか二人の間には特別な思いが芽生え始めていた……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
日本
配給
松竹メディア事業部
上映時間
84分

[c]2015 松竹 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2016/2/27

    【賛否両論チェック】
    賛:モンスターにすら動じず、困難を生き抜いていこうとする忍びと、そんな忍びとの間で、愛情や友情を育んでいく姫君との人間ドラマが印象に残る。クールでカッコイイ主人公にも要注目。
    否:実際にモンスターと戦うシーンは少なく、かつその全貌もなかなか明かされないので、モンスターとの戦いを期待して観ると、拍子抜けしてしまいそう。

     普段は寡黙で不気味な雰囲気すら漂わせている主人公・伝蔵が、〝モンスター”という未曽有の脅威を前にしてもなお動じずに、姫君を守り抜こうとする姿が、メチャメチャカッコイイです。さすがはディーン・フジオカさん、ハマり役です(笑)。
     そして、幸姫がそんな伝蔵に守られていくうち、2人の間で次第に、主君の姫と家来という身分を超えた、愛情にも似た友情が育まれていく様子も、また清々しくてステキです。
     ただ内容としては、モンスターの登場シーンは思いのほか少なくて、基本的にはそうした物の怪が跋扈する山中で、お互いの疑心暗鬼や祈祷師達との争いをかわしながら、いかに江戸まで生き抜いていくかがメインの作品です。ですので、「忍者とモンスターとの激しい戦い」なんてのを想像して観た人は、「これじゃない感」がハンパないかと思います(笑)。
     人間ドラマも垣間見える、異色の時代劇といえそうです。

    違反報告