トランボ ハリウッドに最も嫌われた男|MOVIE WALKER PRESS
MENU

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

2016年7月22日公開,124分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『ローマの休日』『スパルタカス』などの名作を手がけた脚本家、ダルトン・トランボの実話を描く人間ドラマ。冷戦下のアメリカで行なわれた赤狩りの標的となり、ハリウッドで仕事を失いながらも弾圧に負けず、偽名を使ったり、格安のギャラでB級映画の脚本を手がけるなど懸命に創作活動に勤しむトランボの姿が描かれる。

予告編・関連動画

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ハリウッドの売れっ子脚本家のトランボは、共産主義者を排除しようとする合衆国議会のHUAC(下院非米活動委員会)の公聴会に出席。だが、証言を拒否したという理由で投獄され、仕事を失う。それでも、ヨーロッパ某国の王女が訪問先のローマでアメリカ人新聞記者と恋に落ちるストーリーを練り上げ、友人に脚本を託すのだった。

作品データ

原題
TRUMBO
映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
アメリカ
配給
東北新社 Presented by スターチャンネル
上映時間
124分

[c]2015 Trumbo Productions, LLC. ALL RIGHTS RESERVED [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ペンギンのヨッド

    5.0
    2016/8/10

    1950年代にハリウッドで吹き荒れた赤狩りは、まるでどこぞの国の暴君が「自分と党の悪口は許さない!」ってんで報道やテレビに圧力と脅しを掛けまくって、批判するキャスターを降ろしまくった状況によく似ている。こんな暴挙にメディアはただ沈黙するのみで、映画やテレビはそれを揶揄したり糾弾したりもせず、ベタベタHしてるだけのエロと現実逃避の平和な日常(どこにあるんだそんなモン!)とファンタジーばかりのゴミ映像だらけ。とてもじゃないが、そんな腑抜けの我が国のギョーカイ人には、こんな映画は作れない。赤狩りを扇動した有名人をしっかり描いてしまって、観ているこちらがよくぞここまで赤裸々に描いたものだと感心してしまう、反骨精神の塊の傑作。トランボを演じた俳優さんを筆頭に、誰も彼もがソックリな演技だけでも100点満点だ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2016/8/4

    赤狩り。思想はともかく今なお名作といわれる数々の作品を創り出したトランボ。恋愛から一大スペクタルまで守備が広い。言葉の魔術師?ブラックホールな想像力?
    ポンポン生み出されたわけではなく、やはりドラッグが必要だったか。風呂場が仕事場だし。結果を出しているから、彼の才能を知っているから、妻はサポートする。
    共産主義でもわかってくれる映画会社はある。B級としても。彼の才能を称賛してオファーするスターだっている。ハリウッドはそれができる。

    偽名に代理でオスカーgetってもうこんな状況はこの先ない。そう思うと思想やらの隔たりは関係ない。観客は作品を観に来ているのだ。

    リズミカルに連打されるタイプ音。トランボの頭の中を覗いてみたい。

    最近のJ.グッドマン。ここでも良い味出してナイス。そしてH.ミレン。主役ではなくこんな脇役もありだわ。さすがの印象力。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2016/7/27

    兎に角、映画好きには切なくも嬉しい作品です。
    赤狩りに合いながら、屈せず、脚本を書き続けたTrumboとその仲間たち。
    その制作秘話や懐かしい名作が流れるのです。
    俳優や監督、配給会社、知っている名前が沢山出て来ます。
    社会が、映画界が、悲惨な理不尽な目に合うのですが、何より嬉しいのは、そんな権力や弾圧の中で、書き続けた脚本家、負けずに良い脚本を求めた監督、俳優が居て、そしてそれを待ち望んでいた映画ファンが居て。
    だから、それらの映画が埋もれず残って居ることが、映画ファンとしては凄く嬉しい。
    辛くて、暗いお話です。
    でも凄く魅力的です。もう一度、それらの作品を噛みしめてじっくり見たくなりあmすね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    5.0
    2016/7/25

    話には聞いたことがある。
    ハリウッドに代表されるアカ狩り。
    なんて恐ろしいことだろう…
    翻って私たちの国では?
    違う考え方を「聞く耳」はあるだろうか?
    一度は見ておいてほしい。
    私は再度映画館に足を運ぼうと思う。

    違反報告