ラザロ・エフェクト|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ラザロ・エフェクト

2016年6月11日公開,83分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

死からの再生という禁断の研究に足を踏み入れた科学者たちの恐怖を映し出すホラー。死者を蘇生させる「ラザロ血清」開発中に女性研究員が事故で死亡した。同じチーム内の婚約者は周囲の制止を振り切り血清を投与、彼女を蘇らせることに成功するが……。監督は「二郎は鮨の夢を見る」のデヴィッド・ゲルブ。出演は「ゼロ・ダーク・サーティ」のマーク・デュプラス、「クーパー家の晩餐会」のオリヴィア・ワイルド、「オデッセイ」のドナルド・グローヴァー、「X-MEN:フューチャー&パスト」のエヴァン・ピーターズ、「モスダイアリー」のサラ・ボルジャー。

予告編・関連動画

ラザロ・エフェクト

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

医学研究者フランク・ウォルトン(マーク・デュプラス)と婚約者のゾーイ・マコンネル(オリヴィア・ワイルド)たち研究者グループは、死者を蘇らせることができる「ラザロ血清」の研究に日夜没頭していた。そんなある日、実験中にゾーイが事故で感電死してしまう。悲しみに駆り立てられたフランクは周囲の制止を振り切り、ラザロ血清をゾーイに投与、彼女を死の淵から蘇らせることに成功する。だが復活に喜ぶのも束の間、ゾーイの身体に様々な異変が起こり始める……。

作品データ

原題
THE LAZARUS EFFECT
映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
アメリカ
配給
クロックワークス 提供:日活
上映時間
83分

[c]2016 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2016/6/23

    【賛否両論チェック】
    賛:「死者の復活」という、人間が触れてはいけない領域に踏み込んでしまった研究チームが、蘇った主人公のもたらす脅威に恐れおののき、次第にその犠牲になっていく姿に、因果応報の皮肉さを痛感させられる。しっかりと恐怖の元凶を描いているのが印象的。
    否:「死後の魂」等のキリスト教的価値観には、好みが分かれそう。急に驚かせるシーンも非常に多い。

     死んだ人間を生き返らせるという、人類の禁忌に手を染めてしまったフランク達研究チーム。そんな彼らに、復活したはずのゾーイの変異が刻一刻と襲いかかってくるのが、非常に怖くてハラハラさせられます。クライロニス製薬の担当者が語る、
    「ルールを破れば、報いを受ける。」
    という言葉が、とても皮肉で心に残ります。
     ただ単にホラー映画として驚かせるだけではなく、その元凶や理由がしっかりと描かれているのもステキです。あまり言うとネタバレになってしまいますが、少しあの「LUCY」にも変なところで共通項がありそうですね(笑)。
     一方で、ゾーイの一連の出来事に際しては、やや宗教色が強かったりするのも否めないところ。その辺りで、純粋に好みは分かれそうなところでもあります。
     何はともあれ、ホラー映画が好きな方には、絶対オススメの作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    2.0
    2016/6/18

    舞台はほとんど研究室の中で、研究者は5人だけ!?
    金かかってない映画!!

    恋人が感電死しちゃったからって、研究中の死者復活で生き返らせちゃう?
    それも犬での実験で異変が起きてたというのに............................。

    はじめは面白そうに感じたけど、流れに無理ありで...........................。
    ゾーイを生き返らせたら、超能力で物が動かせるは、人の心の中の声が聞こえるはで、行動が読まれちゃって勝ち目ないじゃんって!!
    で、結局みんな殺して何がしたかったんだ~ぁ。

    違反報告