ジェーン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ジェーン

2016年10月22日公開,98分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ナタリー・ポートマンが製作・主演を務めたスペクタクル・ロマン。南北戦争後の荒野を舞台に、夫と娘を守り、平穏な日常を取り戻すために戦う決意を固めるヒロインの物語がつづられる。ユアン・マクレガーがヒロインの前に立ちはだかる悪党ビショップを演じる。監督は『ウォーリアー』のギャヴィン・オコナー。

予告編・関連動画

ジェーン

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

南北戦争直後のニューメキシコ。夫ハムと娘と平穏に暮らしていたジェーンだったが、ある日、ハムが銃弾を受け、瀕死の状態で家に戻ってくる。傷を負わせたのは、悪名高きビショップ一家の首領ビショップだった。その恐ろしさを知るジェーンは、夫と娘を守るため、南北戦争の英雄で元恋人のダンに助けを求め、自身も銃を手にする。

作品データ

原題
JANE GOT A GUN
映倫区分
PG12
製作年
2015年
製作国
アメリカ
配給
ポニーキャニオン
上映時間
98分

[c]2015 SP JGAG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    tom

    3.0
    2018/1/8

    観終わったあとのエンドロールを観ての開口一番が、
    ユアン・マクレガーとは思わんかった!でした。
    女性が主役の西部劇って珍しく
    強い女性はかっこいいなと思います。
    ただ、強いんだか弱いんだか、ちょっと??
    なところはありましたが。。。
    子どものため、家族のために
    命をかけて闘うっていうのは
    男性、女性を問わず、美しいもんですな。

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    4.0
    2016/10/30

    トゥルー・グリット以来久しぶりの女性主役西部劇と言うことで期待して観賞。
    骨太なガンウーマン成長記とはまた違った味わいでした。
    どん底からでも這い上がり粘り強い生命力を秘めた不屈の西武女魂。原動力は“大切な人を守るために生き抜く”ことであり、恐怖と闘いながら諦めずに反撃する。銃を持ち戦い抜かなければならなかった女性の物語です。
    ガンバトルやガンアクションがテンコ盛りのガンマン物ではありません。泥臭く惨めで弱いけれど‘守る強さ’を武器に‘窮鼠猫を噛む’を地で行く物語です。
    望んでいた小さな幸せを手に入れたエンディングに救われた気がします。
    ユアンの悪役振りは、最後ヒロインに撃ち殺されたときに思わず「ざまあみろ」と呟いたほどハマっていました。
    西部劇を基調にしたアメリカらしいヒューマン?ウーマンストーリーです。

    違反報告