栄光のランナー/1936ベルリン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

栄光のランナー/1936ベルリン

2016年8月11日公開,134分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ナチス独裁政権下で行われた、1936年のベルリンオリンピックで史上初の4冠を達成したアメリカの陸上選手ジェシー・オーエンス。黒人であるがゆえの人種差別や、ナチス政権による抑圧と戦ったオーエンスと、コーチや仲間との友情、家族の絆を描く人間ドラマ。『グローリー/明日(あす)への行進』のステファン・ジェームズがオーエンスを演じる。

予告編・関連動画

栄光のランナー/1936ベルリン

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

貧しい家庭に育ちながらも、陸上選手として類まれな才能を発揮し、オハイオ州立大学に進学したオーエンス。コーチのスナイダーと出会い、オリンピックを目指して練習に励むが、ナチスに反対し、オリンピックのボイコットを訴える世論が高まっていた。また、ナチスの人種差別政策は黒人である彼にとっては認めがたいものだった。

作品データ

原題
RACE
映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
アメリカ ドイツ カナダ
配給
東北新社/STAR CHANNEL MOVIES
上映時間
134分

[c]2016 Trinity Race GmbH / Jesse Race Productions Quebec Inc. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    4.0
    2016/8/18

    オリンピック・・様々なスポーツの頂点になるのかな?
    それぞれの国の代表として。
    でも1936年のベルリンオリンピックは、第二次世界大戦に突入する直前。
    ユダヤ教への弾圧が始まっていて、選手は単に記録的に優れている物では無くて、出場権利が無かったり、差別されたり、抗議の為に辞退せざるなかったり・・。
    嫌がらせや妨害はるけれど、走っている時は自由だ・・と走り続けるジェシーが素敵。

    ドイツ人の優位性を示せと指示されるドイツの選手も哀しい。だけど素晴らしいスポーツマン精神。だからこそドイツ人とひとくくりにして考える訳にはいかないのだけれど。
    アメリカはあの戦争でヒーローのように描かれるけど、その裏では激しい黒人に対する差別があり、それは今も尚無くなった訳じゃ無くて。
    アメリカはユダヤ人を弾圧するナチスに、キミたちも言えないだろ?と指摘される。本当よね。
    二つの人種差別のお話なのだけれど、身体能力に優れている黒人のスポーツ選手は、差別をなくすのに大きな役割を担いましたよね。

    個人的に、黒人さん好きなので・・

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告