PとJK|MOVIE WALKER PRESS
MENU

PとJK

2017年3月25日公開,124分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

三次マキの少女漫画を、亀梨和也&土屋太鳳主演で映画化したラブストーリー。秘密の結婚生活を送る警察官と女子高生が、お互いの違いを認めあい、成長していく姿を描く。全編、函館でロケを敢行し、美しい風景が2人の恋を盛り上げる。監督は『オオカミ少女と黒王子』などラブストーリーにも定評がある廣木隆一。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

恋愛に不慣れな女子高生のカコは、警察官の功太と出会い、つきあいはじめる。だが、功太はカコが女子高生と知って困惑。職務上、女子高生と軽々しくつきあうのが難しいと判断し、カコにプロポーズする。そして、晴れて2人の内緒の結婚生活がスタートするが、警察官と女子高生という立場の違いから、気持ちもすれ違ってしまう。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
124分

[c]2017「PとJK」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2017/5/15

    【賛否両論チェック】
    賛:ふとしたきっかけで出逢った、お互いに純粋な警察官と女子高生が、思い悩みながらもお互いを理解しあっていく真っ直ぐな姿が、観ていて清々しい。2人を取り巻く人間模様も、また深い感慨を呼ぶ。
    否:ストーリーそのものはかなり荒唐無稽。恋愛映画にそぐわないようなシーンもあるので、好き嫌いは分かれそう。

     展開はまさに恋愛映画の王道といったところでしょうか。ひょんなことから出逢ってしまった、真面目すぎる警察官・功太と真っ直ぐな女子高生・カコ。そして純愛を貫くために、功太が出した“結婚”という答え。そんな突拍子もないストーリーですが、観ていて何故か心惹かれてしまうのは、功太とカコの純粋な想いが全面に溢れているからでしょうか。時に相手の気持ちが分からずに悩み、時にケンカをしながらも、次第にお互いを理解しあっていく様子が、甘酸っぱさ満点で描かれていきます。
     同時に、2人を取り巻く人間模様も、また物語を深いものにしていきます。功太が警察官を志すきっかけとなった父の死や、家庭の問題を1人で抱え込もうとする大神とカコ達との友情、そしてカコの父の親心と、その度に思わず考えさせられるようです。
     DVや誘拐等、およそ恋愛モノにはそぐわないようなシーンもありますが、基本的には中高生向けの甘酸っぱい恋愛ムービーですので、是非チェックしてみて下さい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    KI-ki

    3.0
    2017/4/26

    少女漫画の世界観そのもの。
    読んでいる方が少し恥ずかしくなる様な…
    あっ、観ている方が少し恥ずかしくなる様な…
    太鳳ちゃんの天然ぶりはぴったり。
    亀梨くんは、ちょっと浮いてる。
    なんだかんだで気楽に楽しめる映画。
    デートに良いかも。

    違反報告