ポバティー・インク 〜あなたの寄付の不都合な真実〜|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ポバティー・インク 〜あなたの寄付の不都合な真実〜

2016年8月6日公開,91分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

途上国開発の指導者として地位を獲得してきた先進国の貧困産業に迫るキュメンタリー。慈善活動ビジネスが成長する一方で、先進国から一方的に押し付けられる援助により途上国側の自活力が潰されているという実態を追いかけながら、支援のあり方を問いかける。監督は、貧困削減に向けて活動する人々の国際的連携を目標とするプロジェクト『ポバティーキュア』の設立者でもあるマイケル・マシスン・ミラー。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

営利目的の途上国開発業者や巨大なNGOを含む数十億ドルにも及ぶ貧困産業が成長する中、先進国は途上国開発の指導者として地位を獲得してきた。慈善活動のビジネス化が歴史上これほどまでに発展を遂げたことはなかったが、多くの国際援助活動は失敗している。「気の毒な人々を何とかしなければ」「彼らは無力で何もできない」といったイメージが先進国側の人々に植え付けられ、一方的に押し付けられる援助で受け手側は自活力が潰されているのだ。ハイチではクリントン元米国大統領が貿易自由化を主導し、米の税率が大幅に引き下げられたことで米農家が壊滅的なダメージを負った。一足の購入ごとに発展途上国に一足の靴を贈る取り組みを行い、社会的企業として注目されるトムスシューズは、地域産業の成長を妨げている。アフリカで国際的なソフトウェア会社を設立した起業家、ハーマン・チナリー・ヘッセは「私たちは援助団体に統治されている」と語る。一方、海外援助に頼らず、自ら起業し雇用を生み出し、社会課題の解決を行う地元の事業者がいる。ハイチ随一の太陽光パネル製造会社・エネルサは、ハイチ出身の起業家によって設立された。だが、2010年のハイチ地震後、チャリティーとして無料の太陽光パネルが大量に送られてくることで、ビジネスを継続することが最大の課題となっていた……。

作品データ

原題
POVERTY, INC.
製作年
2014年
製作国
アメリカ
配給
ユナイテッドピープル
上映時間
91分

[c]PovertyCure [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?