古都|MOVIE WALKER PRESS
MENU

古都

2016年12月3日公開,117分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

川端康成の同名長編小説を、舞台を現代に置き換え映画化。松雪泰子が双子の二役を演じている。京都で代々続く呉服店を営む千重子と、北山杉の里で働く苗子。生き別れた双子の姉妹とその娘たちは、時代が大きく移ろう中、受け継いできた伝統の継承に葛藤する。京都とフランス・パリで撮影が行われた。監督はハリウッドで映画を学び「Re:Play-Girls」などを手がけたYuki Saito。岐路に立つ娘たちを「寄生獣」シリーズの橋本愛と「無伴奏」の成海璃子が演じる。2016年11月26日より京都先行公開。

予告編・関連動画

古都

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

京都の室町で代々続く佐田呉服店を営む佐田千重子(松雪泰子)は、20年前に店を継いで以来、同じ場所で同じ生活を続けてきた。店ではあるが、古くから付き合ってきた職人は次々に廃業。時代が変わっていく中で店をどうしていくか、また、大学生の娘・舞(橋本愛)にも同じ宿命を背負わせていいものか思いあぐねている。そして舞も、店を継ぐべきか、将来について迷っていた。一方、千重子の生き別れた双子の妹・中田苗子(松雪泰子/二役)は、京都のはずれにある北山杉の里で林業を営んでいる。家業は経営難に直面。苗子の娘・結衣(成海璃子)は北山杉を使った新しいものを作れないか模索しフランスに留学するが、他の学生たちとの力の差を感じ無力感に苛まれてしまう。苗子は結衣に会うためにパリに向かうことに。その頃、日本文化を紹介するイベントに参加するため、舞もパリを訪れていた。伝統を担う2組の親子の人生が交差する。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
日本
配給
DLE
上映時間
117分

[c]川端康成記念會/古都プロジェクト [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    とし

    3.0
    2ヶ月前

    2021年8月7日
    映画 #古都 (2016年)鑑賞

    #成海璃子 と #橋本愛 が従姉妹の役である。この2人はどちらもしっかりとした演技派というイメージがあり、このキャスティングだけでも興味をそそられる。もう数人と言われれば、#多部未華子 とか、#二階堂ふみ とか、#清原果耶 とかの名前があがるのかな?

    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2016/12/5

    いや、別に悪口じゃないんです。こういう映画もまたありかなと。
    そもそも、いかにも映画らしい映画です。登場人物は、皆複雑な感情を持っているけど、それを台詞で説明しない。あくまで情景だったり、情感だったりで観客に訴えて行く。本来映画ってそういうものですよね。最初は、サイレントだったし。
    特に橋本愛は、ほとんど台詞がなく、怒ったような表情ばかり。難しい役柄ですよね。でも青春ってそういうものだし、皆通って来た道だから。
    最後は、この二人がどうなるんだろうか、と余韻たっぷり。久し振りに映画の王道を見た気がします。

    違反報告
  • rikoriko2255

    とりころーる

    2.0
    2016/12/4

    この二人の関係が描かれていないと思う。秀男は家業を畳む挨拶の場面で出てくる程度。画像は綺麗で、女優も素晴らしいので、ざんねん。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告