曇天に笑う|MOVIE WALKER PRESS
MENU

曇天に笑う

2018年3月21日公開,94分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

舞台やアニメにもなった唐々煙原作の人気コミックを福士蒼汰主演で実写映画化したアクション時代劇。明治初期の大津を舞台に、世に災いもたらすオロチの復活を阻止するために戦う曇三兄弟や政府直属の組織・犲のメンバーたちの運命が描かれる。『踊る大捜査線』シリーズなど熱き男たちのドラマに定評のある本広克行が監督を務める。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

数百年にわたり、大津の町の治安を預かってきた曇神社の第14代当主の天火は、すべてを滅ぼすというオロチの復活を恐れる町民の思いを知る。忍者集団・風魔一族はオロチの力で政府転覆を狙い、政府の特別部隊・犲はオロチの封印へと動き出す。そんなある日、天火の弟・空丸の体に異変が起き、オロチ復活のカギだと知った風魔一族に連れ去られてしまう。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
94分

[c]2018映画『曇天に笑う』製作委員会 [c]唐々煙/マッグガーデン [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    4.0
    2018/3/24

    【賛否両論チェック】
    賛:お互いを想うがゆえに溝が出来てしまった兄弟の絆の修復や、そんな彼らが町を守るために戦う姿がカッコイイ。主人公の、宿命を一身に背負いながらも、常に笑顔を絶やさない人柄も魅力的。アクションや熱いセリフの数々も見どころ。
    否:物語そのものはかなり単純かつ荒唐無稽で、ツッコミどころも多すぎる。

     その過酷な使命を一身に背負いながらも、持ち前の明るさと破天荒さで笑顔を絶やさずに、人々をも笑顔にしてしまう天火の人となりが、とても爽やかでカッコイイです。そして、独りで全てを抱え込む天火に憤りながらも、少しずつ成長していく空丸や、無邪気な中にもたくましさを併せ持つ宙太郎と、揺れ動く3人の絆が再び強く結ばれていく姿もグッと来ます。
     展開は結構単純で先読みも出来てしまいますが、大蛇復活を目論む風魔に対し、3兄弟や犲達がどんな戦いを見せるのか、特にアクションは熱いです。個人的には、かつての友・天火に蒼世が言い放つ、
    「ならば、その志が絵空事でないことを証明してみせろ。」
    というセリフが好きでした。
     あまり深く考えずに、純粋に世界観を楽しみたい、そんな作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    とりころーる

    4.0
    2018/3/22

    エキストラとしては女性が出てきますが、基本、若いイケメン祭り状態の作品です。短時間作品なのがとても残念で、もう少し長尺の作品だと、ストーリー展開が面白くなっただろうと思います。

    違反報告