劇場版「暗殺教室」365日の時間|MOVIE WALKER PRESS
MENU

劇場版「暗殺教室」365日の時間

2016年11月19日公開,102分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

実写映画化もされた松井優征のコミック『暗殺教室』を原作にしたテレビアニメの総集編。原作やテレビアニメで描かれなかったオリジナルエピソードを交えて、椚ヶ丘中学校3年E組を受け持つ超生物・殺せんせーとその暗殺を託された生徒たちの1年を振り返る。監督は『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』シリーズの岸誠二監督や、シリーズ構成を手がける上江洲誠、「サイボーグ009VSデビルマン」の声優・福山潤ら、テレビアニメのスタッフ・声優陣が再集結している。同時上映は『暗殺教室』のスピンオフをアニメ化した「殺せんせーQ(クエスト)! 」。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

突如月が爆発し、その7割がなくなってしまう。その犯人として名乗り出たのは、軍隊でも殺せないような人知を超えた能力を持つ超生物だった。超生物は来年3月には地球も爆破すると宣言。その間、椚ヶ丘中学校3年E組の担任教師になることを希望した。各国首脳はやむをえず超生物の暗殺を落ちこぼれが集まる3年E組の生徒たちに委ねる。暗殺の期限は卒業まで。担任教師である超生物・殺せんせーと3年E組の生徒たちとの1年がはじまる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
日本
配給
エイベックス・ピクチャーズ
上映時間
102分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2016/12/16

    【賛否両論チェック】
    賛:予備知識がなくても、充分楽しめる。バラバラで落ちこぼれだった主人公達が、“暗殺”を通して1つになっていく様子が、不思議と感動を誘う。
    否:教育現場で“暗殺”を教えるという設定に、どうしても賛否があるのは仕方がないところか。

     基本的にはテレビ番組の総集編なので、予め観ている人の方が楽しめることは間違いありません。ただ観ていなくても、ストーリーそのものは充分追うことが出来るので、単体として観ても問題はないと思います。
     怪しい超生物が、どうして落ちこぼれクラスの担任となり、どうして自身の暗殺を教えようとするのか。そして様々な経験を共にし、成長してきた主人公達は、殺せんせーを暗殺することが出来るのか。感動のラストは、涙なしでは観られません。
     シリーズを通してのファンの方にも、そうでない方にも、是非オススメです。

    違反報告