CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第2章|MOVIE WALKER PRESS
MENU

CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第2章

2016年12月2日公開,92分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

石ノ森章太郎の不朽の名作をフル3DCGアニメーション化した劇場版3部作の第2弾。謎の敵、ブレスドの出現により、再び戦う事を余儀なくされるサイボーグ戦士たちの運命を描く。『009 RE:CYBORG』を手がけた神山健治が総監督を担当し、『精霊の守り人』でも神山とコンビを組んだ柿本広大が監督を務める。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

人智を遥かに超えた異能を持ち、太古より人類の歴史を陰ながら操ってきた“ブレスド”が、再び不穏な動きを始めた。ブレスドの存在に勘づいた数少ない人間の一人、ジャーナリストのルーシー・ダベンポートは、アメリカのテキサス州にある家を訪ねる。そこにいたのは、009こと島村ジョー(声:河本啓佑)をはじめとするゼロゼロナンバーサイボーグたちだった。改造手術により、核兵器ともわたりあえる存在として冷戦時代から幾度も人類の危機を救ってきた彼らだったが、その後、国連軍ガーディアンズの創設により人類を守るという使命を離れ、ようやく穏やかな生活を送れるようになっていた。しかし、ルーシーの来訪とブレスドの脅威によって、ジョーたちは再び新たな戦乱に導かれる……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2016年
製作国
日本
配給
東宝映像事業部
上映時間
92分

[c]2016「CYBORG009」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2016/12/21

    三部作というよりは、長編三分割上映という感じです。
    1・2・3と続きますが繋がりとかの説明無しで怒涛の如く流れが進みまくります。
    超能力集団が相手とはなっていますが、登場キャラは少なめ。
    00ナンバー達の活躍がじっくり観られる仕立てでイケてます。
    ハードアーマースーツも見慣れると格好良いですネ。
    どうやらキーマンは001のような・・・さて三作目で如何に収まるか見ものです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    3.0
    2016/12/10

    【賛否両論チェック】
    賛:おたずね者にされてしまったサイボーグ達が、最強の敵を相手に、どう対峙するきっかけを掴もうとするのか、その行方にハラハラさせられる。〝自らの存在意義”という普遍的な問いも印象的。
    否:前作の知識はあった方がイイ。展開の割りにやや緊迫感が欠ける演出が気になるか。

     一応冒頭で、第1章のあらすじは解説してくれますが、やはり予め観ておいた方が良さそうではあります。世界を裏で牛耳る異能者“ブレスド”によって、おたずね者にされてしまったサイボーグ達が、いかにブレスドと対峙しようとするのか、注目です。
     また同時に、自分達の存在意義が霞んでしまった009が、
    「自分が本当は何を望んでいるのか?」
    という問いに自問自答し、苦しみぬいた末に答えを見出していく姿も印象的です。
     ただフルCGのせいか、内容や展開は非常に危機迫っているはずなのに、やや緊迫感が伝わってこない感もあって、少し気になるところではあります。
     良くも悪くも、完全に前作からの鑑賞者向けの作品です。

    違反報告