手紙は憶えている:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
手紙は憶えている
手紙は憶えている
3.9

手紙は憶えている

2016年10月28日公開、95分、サスペンス・ミステリー
PG12
112
30
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

名匠アトム・エゴヤン監督によるサスペンス。記憶も曖昧な90歳の老人が、第2次大戦の時に大切な家族を奪ったナチスの兵士を捜し、復讐を果たそうとする姿が描かれる。『人生はビギナーズ』で史上最高齢でアカデミー賞助演男優賞を受賞したクリストファー・プラマーが主人公を演じるほか、数々の賞に輝く名優たちが脇を固める。

配信で観る

ストーリー

最愛の妻が死んだ事も覚えていられないほど物忘れが激しくなった90歳のゼヴ。妻の葬儀の日、ゼヴは友人のマックスから1通の手紙を受け取る。そこには2人がアウシュヴィッツ強制収容所の生存者で、家族をナチスの兵士に殺されたという事が書かれていた。その兵士は身分を偽り、いまも生き延びており、ゼヴはたったひとりでの復讐を誓う。

予告編・関連動画

手紙は憶えている

予告編

2016/9/1(木)更新

フォトギャラリー

映画レビュー

3.9 (7件のレビュー)

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
REMEMBER
映倫区分
PG12
製作年
2015年
製作国
カナダ=ドイツ
配給
アスミック・エース
上映時間
95分
ジャンル
サスペンス・ミステリー

[c]2014, Remember Productions Inc. [c]キネマ旬報社