太陽を掴め|MOVIE WALKER PRESS
MENU

太陽を掴め

2016年12月24日公開,89分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「雲の屑」で第27回東京学生映画祭グランプリ・観客賞を獲得した中村祐太郎監督による青春群像劇。売り出し中の歌手ヤット、彼を撮り続けるフォトグラファーのタクマ、タクマの元恋人・ユミカの3人は、それぞれ鬱屈した思いを抱えながら前に進んでいく。都会で生きる若者たちを、「いいにおいのする映画」の吉村界人、「森山中教習所」の岸井ゆきの、「桜ノ雨」の浅香航大らが演じる。劇場公開に先駆け、第29回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門にて上映(上映日:2016年10月26日、11月1日)。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

元子役で今ではミュージシャンとしてステージに立つヤット(吉村界人)とフォトグラファーのタクマ(浅香航大)、タクマの元恋人ユミカ(岸井ゆきの)は高校時代からの関係。タクマが撮る写真はヤットの人気に繋がっているが、ユミカへの恋心から、タクマに複雑な感情を抱いていた。そんなヤットのことを気にかけつつ、タクマとのあやふやな関係を続けるユミカ。一方タクマは大麻のブローカーに手を染めていた。ある日、大麻に依存したサラ(三浦萌)とプル(森優作)が狂乱しているタクマの部屋に、ユミカが訪れてくる。

作品データ

製作年
2016年
製作国
日本
配給
UNDERDOG FILMS
上映時間
89分

[c]2016 UNDERDOG FILMS [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?