誰のせいでもない|MOVIE WALKER PRESS
MENU

誰のせいでもない

2016年11月12日公開,118分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

巨匠ヴィム・ヴェンダース監督によるサスペンスフルな人間ドラマ。ある雪の日に起きた不幸な事故によって運命を狂わせてしまう人々の12年の月日を映し出す。作家のトマスをジェームズ・フランコ、少年の母親ケイトをシャルロット・ゲンズブール、トマスの恋人サラをレイチェル・マクアダムスが演じる。

予告編・関連動画

誰のせいでもない

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

雪で視界の悪い田舎道を車で走っていた作家のトマスは、突然飛び出してきたソリとぶつかってしまう。車の前に座り込む少年に幸いケガはなく家へと送るが、息子の姿を見た母親は半狂乱になる。というのも、その場には少年の弟がいたはずだった。事故はトマスの心に大きな傷を残し、そのせいで恋人サラとの関係も壊れてしまう。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2015年
製作国
ドイツ=カナダ=フランス=スウェーデン=ノルウェー
配給
トランスフォーマー
上映時間
118分

[c]2015 NEUE ROAD MOVIES MONTAUK PRODUCTIONS CANADA BAC FILMS PRODUCTION GOTA FILM MER FILM ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    4.0
    2016/12/7

    この映画、どうしてメインが3D上映なんだろう・・と思いながら観たのですが、成程・・
    とんでもなく映像美に力を入れていますね。
    雪のシーンもそうですが、草原のシーン、川沿いの木立を幼い女の子と歩くシーン、庭のシーン、特にラストね。
    凄い映像美に思い入れを持って作っている。
    個人的に暗闇の中で、電話先の相手が戻ってくるのを待っているシーンの美しさにやられました。
    James Francoは画になる。
    冷たく感じるくらい冷静な感じとか、でも、少年少女たちには意外と気さくで心を砕いている所とか。
    好感持てる。
    少年が、彼に依存してしまう気持ちは解る。あの出来事を共有している安心感。
    ストーカー化するのってほんの些細な均等の崩れよね。
    気を付けよう。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    2.0
    2016/11/20

    物語は12年の経過としている。リンクレイターの「6才のボクが、大人になるまで。」のように実際の年月ではないので、どうでしょう。

    年月が経過しても不変の心情を描きたいんだろうが、コマ切れ感が強く、役者の容姿も大した変化がないので、映画の重厚さを感じず。

    せっかくのcastだが、J.フランコはこういった詩的表現の映画は不釣り合い。
    言葉少なく、表情も硬いので、それぞれの心を汲み取るには、どっしり腰を据えて観なくてはならない。(暖房が効きすぎる館内では至難)

    V.ヴェンダース映画は好みが分かれそう。2Dで鑑賞したが、3Dの必要性はないかと。

    違反報告