アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男

2017年1月7日公開,105分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ナチスの最重要戦犯アドルフ・アイヒマン捕獲作戦の影の功労者フリッツ・バウアーにスポットを当てた実録ドラマ。1950年代後半のドイツ・フランクフルト。検事長フリッツ・バウアーのもとに、逃亡中のナチス親衛隊中佐アイヒマン潜伏に関する手紙が届く。出演は、「ヒトラー暗殺、13分の誤算」のブルクハルト・クラウスナー、「あの日のように抱きしめて」のロナルト・ツェアフェルト。監督・脚本は、「コマーシャル★マン」のラース・クラウメ。

予告編・関連動画

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1950年代後半、ドイツ・フランクフルト。検事長フリッツ・バウアー(ブルクハルト・クラウスナー)は、ナチス戦犯の告発に執念を燃やしていた。そんな彼のもとに、逃亡中のナチス親衛隊中佐アドルフ・アイヒマンがアルゼンチンに潜伏しているという重大な情報を記した手紙が届く。バウアーはアイヒマンの罪をドイツの法廷で裁くため、国家反逆罪に問われかねない危険も顧みず、その極秘情報をモサド(イスラエル諜報特務庁)に提供する。しかしドイツ国内に巣食うナチス残党による妨害や圧力にさらされ、孤立無援の苦闘を強いられていく。

作品データ

原題
DER STAAT GEGEN FRITZ BAUER
映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
ドイツ
配給
クロックワークス=アルバトロス・フィルム
上映時間
105分

[c]2015 zero one film / TERZ Film [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    2.0
    2017/1/17

    【賛否両論チェック】
    賛:四面楚歌で困難な状況にあっても、自分が信じる正義を貫こうとした主人公を通して、その意義や厳しさを改めて感じさせられる。
    否:描写はかなり地味で、主人公を取り巻く人間模様を中心に話が淡々と進むため、思わず眠くなってしまいそう。

     戦後の混乱期において、心ない市民からは目の敵にされ、身内からも失脚を虎視眈々と狙われる四面楚歌の状況下にあっても、臆することなく自らが信じる正義のために戦い続けた主人公の姿が、淡々としたストーリーの中で輝きを放っているようです。同時に、正しいと思う行いをすることがいかに難しいか、その厳しさも痛感させられるようで、思わず考えさせられてしまう内容でもあります。
     ただ展開そのものは、非常に静かな雰囲気で進んでいくので、思わず眠くなってしまうかも知れません(笑)。
     何はともあれ、戦後のドイツの方向性を決めたといっても過言ではない、非常に興味深い人物にまつわる内容ですので、是非チェックしてみて下さい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2017/1/10

    ナチスドイツがしたことに当時憤っていた人は多かったと思う。
    だけど一番憤っていたのは、同じドイツ国民のユダヤ人なのでしょうね。

    心の傷が癒えずに、失った人が帰らなくても、日常を取り戻したドイツで、本当にあの悲劇を終わらせる為に戦う動機は復讐ではなく、正義なのね。
    毎年何本ものナチスドイツ物の映画が作られ、観ている。
    あの壮大な悪夢を語る語り部たちは沢山居て、けれども年老いて亡くなって行く。
    語りつくせない、沢山の物語がそれぞれに有った筈なのに。戦中も、そして戦後も。

    これはフリッツの戦い。最重要戦犯アドルフ・アイヒマンを捕える為に水面下で戦った彼が居た事を知れて良かった。
    コレを見た後、The Eichmann Showを見るとまた格別に感慨深い。
    彼の戦いを受け、アイヒマンの世紀の裁判を撮影、公開したTVマン達の戦い。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告