いたくても いたくても|MOVIE WALKER PRESS
MENU

いたくても いたくても

2016年12月3日公開,98分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

文化庁委託事業「若手映画作家育成プロジェクト2015」の「はなくじらちち」で注目された堀江貴大監督による初長編作。ある通販会社が起死回生を狙いプロレス団体を設立。社員の星野は負け役レスラーとして起用されるが、恋人の葵はその姿に戸惑いを感じていた。出演は「マジックユートピア」の嶺豪一、「螺旋銀河」の澁谷麻美、「百円の恋」の坂田聡、「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」の大沼百合子、「知らない、ふたり」の芹澤興人。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

倒産寸前の通販会社の映像制作部門でADとして働く星野(嶺豪一)は、社長の坂口(坂田聡)が突如始めたプロレス同好会に先輩の司会者・戸田(吉家翔琉)とともに引きずり込まれる。プロレスをする星野の姿に自分がかつてアマチュアプロレス団体に所属していた時のライバル・ベンジャミン前川の面影を重ねとった坂口は、一生懸命な星野に肩入れし始めていく。そんなある日、プロレス同好会の練習風景を撮影していた宇野(芹澤興人)は撮影した動画を無断でネットにアップロード、視聴者の間で話題を呼び始める。それを知った坂口は会社の命運をかけ、商品を紹介しながらプロレスを行う新番組をスタートすると宣言。負け役レスラーとして起用された星野は看板司会者の戸田に惨敗するという坂口の書いた初戦のシナリオ通りに初戦を終えるのだった。だが、同僚であり星野の恋人でもある葵(澁谷麻美)は、星野が楽しそうにプロレスをしている姿をどうしても素直に受け入れることができず、戸惑いを感じていた。会社に入ってから日の当たらない日々を送っていた星野が唯一見いだした活躍の場所であるプロレスのリング。そんなプロレスにのめり込んで傷ついていく星野を葵は止めようとするが、その声が星野に響く事はなかった。星野と葵の関係が拗れていくなか、葵に恋心を抱いている戸田は星野から葵を奪い取ろうとライバル心を燃やしていく。やがて星野対戸田の第二戦を翌日に控えた夜、坂口は、星野が戸田に勝つというシナリオを発表。そして迎えた第二戦。試合は坂口の書いたシナリオ通りに進んでいくかと思われたが……。

作品データ

製作年
2015年
製作国
日本
配給
トラヴィス
上映時間
98分

[c]東京藝術大学大学院映像研究科 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?