こころに剣士を|MOVIE WALKER PRESS
MENU

こころに剣士を

2016年12月24日公開,99分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ナチスとスターリンに引き裂かれた1950年初頭のエストニアを舞台に、伝説の元フェンシング選手と子供たちをめぐる実話を映画化。ソ連の秘密警察に追われ、小学校教師として田舎町に身を隠すエンデルは、課外授業で生徒たちにフェンシングを教え始めるが……。監督は「ヤコブへの手紙」のクラウス・ハロ。出演は、エストニア出身のマルト・アバンディ、『ケルトゥ/愛は盲目』のウルスラ・ラタセップ、「みかんの丘」のレンビット・ウルフサク。

予告編・関連動画

こころに剣士を

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

第二次世界大戦中はドイツに、末期からはソ連に占領されたエストニア。1950年初頭、二つの国に翻弄された人々は、鬱屈した生活を強いられていた。ソ連の秘密警察に追われる元フェンシング選手のエンデル(マルト・アバンディ)は、小学校の教師として田舎町ハープサルに身を隠す。そこでは生徒たちの多くが、ソ連の圧政によって親を奪われていた。やがてエンデルは課外授業として子供たちにフェンシングを教え始めるが、実はエンデルは子供が苦手だった。そんな彼を変えたのは、学ぶことの喜びにキラキラと輝く子供たちの瞳であった。なかでも幼い妹たちの面倒を見るマルタ(リーサ・コッペル)と、祖父(レンビット・ウルフサク)と二人暮らしのヤーン(ヨーナス・コッフ)は、エンデルを父のように慕うようになる。そんななか、レニングラードで開かれる全国大会に出たいと子供たちからせがまれたエンデルは、捕まることを恐れて躊躇うが、子供たちの夢を叶えようと参加を決意する……。

作品データ

原題
MIEKKAILIJA
映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
フィンランド=エストニア=ドイツ
配給
東北新社=STAR CHANNEL MOVIES
上映時間
99分

[c]2015 MAKING MOVIES/KICK FILM GmbH/ALLFILM [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2017/1/28

    技術だけでなく、精神も鍛え次世代につなぐ。
    スポーツの大事なこと。
    時代や国事情によって道具もお手製。それでも子供たちは練習に参加し、その面白さに夢中になる。
    過去の負を背負うエンデルも子供の純真さに逃げの人生から向き直る。
    出迎えてくれる生徒たちの心のきれいさ!

    フェンシングもabcもちょっと学べる。昔から電子剣なんですね。
    でもやっぱり高貴なスポーツだなぁ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    3.0
    2016/12/30

    ナチスとスターリンに引き裂かれた1950年初頭のエストニアで秘密警察に追われる主人公とフェンシングを通じての子どもたちとの交流と成長を描いた本作。

    アカデミー賞の外国映画賞フィンランド代表作という事で、ちょっぴり期待して鑑賞しましたが、そのまんまの展開と先が読める「安心」のストーリーでした。

    実話を基にしたストーリーのようですが、映画としてはもう少しドラマティックでも良かったのではないでしょうか?
    また、物語の設定が暗いせいか、肝心の子供たちもどこか暗くて気になりました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2016/12/29

    ナチスとスターリンに翻弄されるなんて、エストニアは本当に災難だったのね。
    とても過酷な環境で育ちながら、子どもたちは逞しい。夢見る気持ちを失って居ない。
    そんな彼らに教えるフェンシングの技術を持っているエンデルが格好良い。
    自分が頑張ってきた何かが、他の誰かの生きる手助けになるって素敵よね。
    エンデルもだけれど、子どもたちも寡黙で感情をそんなには現さないけれど、だからこそ、喜んでいる姿が感動的。裏切りたくない気持ちにさせる。
    騒ぐわけでなく、わらわらとエンゲルの周りに集まって行く姿が素敵でした。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告